ジリアン・アンダーソン Photo by Gregg DeGuire/WireImage/Getty Images

写真拡大

 「X-ファイル」のスカリー役で知られる米女優ジリアン・アンダーソンが、新作スパイスリラー「オフィシャル・シークレッツ(Official Secrets)」に出演交渉中であることがわかった。

 本作は、英政府通信本部(GCHQ)の情報部員だったキャサリン・ガンが、2003年のイラク侵攻前の米国家安全保障局の不法な動きに関する情報をリークした「キャサリン・ガン事件」を映画化するもの。ガンは、「イラク戦争に反対する」という理由から、米英が国連安全保障理事会理事国代表に対する通信傍受を通して、開戦に有利に進めようとしていた事実を内部告発した。

 ガン役には「ゲーム・オブ・スローンズ」や「ハンガー・ゲーム」で知られる英女優ナタリー・ドーマーが決定。米バラエティによれば、アンダーソンは英秘密情報部MI6エージェント役で交渉中だという。

 本作にはほか、CIAエージェント役のハリソン・フォード、英軍の元大将役のアンソニー・ホプキンス、ガンが情報を提供する英オブザーバー紙の記者役のポール・ベタニー、同紙編集者役のマーティン・フリーマンら豪華キャストが集結している。

 マーシャ&トーマス・ミッチェル著のノンフィクション「The Spy Who Tried to Stop a War: Katharine Gun and the Secret Plot to Sanction the Iraq Invasion」を下敷きに、サラ&グレゴリー・バーンスタインが脚色。「マンデラ 自由への長い道」のジャスティン・チャドウィック監督がメガホンをとり、今年5月の撮影開始を予定している。