「ペット」日本語吹き替え版キャスト陣

写真拡大

 「ミニオンズ」を手がけたスタッフが再結集して製作された長編アニメーション「ペット」の日本語吹き替え版キャスト発表会見が2月25日、東京・日比谷のペニンシュラ東京で行われ、「バナナマン」の設楽統と日村勇紀、タレントの佐藤栞里が出席した。

 「怪盗グルーの月泥棒 3D」「怪盗グルーのミニオン危機一発」のクリス・ルノー監督が、飼い主の留守中のペットたちの秘密の日常をユーモアたっぷりに描く。設楽は主役である雑種犬マックス、日村は毛むくじゃらの大型犬デューク、佐藤はマックス&デュークの飼い主であるケイティを担当している。

 本編のアフレコはこれからだそうだが、この日は3人が声を吹き込んだ予告編がお披露目。アニメ声優として初めて主演を務めた設楽は、「(日本語吹き替え版の)『ミニオンズ』にも出させていただいて、今作もその時のスタッフと一緒でした。『また一緒にお仕事したい』と言っていて、大体そういうのは何となく流れたり、永遠に別れたりするものですが、今回はすぐにこういう機会をいただけた」と満足げだ。日村も「本国の監督さんが、どうやら我々の声を気に入ってくれたという話を聞きました」と明かし、「後押しを頂いたので、頑張りたいです!」と意気込んだ。

 また声優初挑戦の佐藤は、「声のお仕事が夢だった」と念願かなった喜びをかみ締め、「初めて声を吹き込んだ予告編を見て、ちょっとウルウルしちゃいました!」とほほ笑む。これを受け設楽が「栞里ちゃんもそうだし、皆キャラクターに似ていますよね。日村さんもビジュアル面ですごい似ている」と話を振ると、日村は「めちゃくちゃラッキー。似ていてよかった」とガッツポーズを見せていた。

 さらにキャスト陣には、「自分がペットだとしたら、どんな人に飼ってもらいたい?」という質問が。設楽は「栞里ちゃんみたいな、若い独身女性に飼われたい」と目尻を下げ、「愚痴を聞く日々が良い。『なんで結婚出来ないんだろう』とか。彼氏が来たらめっちゃ吠えるんでしょうね」と回答。一方の日村は「俺も栞里ちゃんに飼われたい」と同調したものの、「アクティブな生活をしている人の犬にもなりたい。フリスビー犬みたいな。やっぱり、やせたいからかな」と打ち明け、笑いを誘っていた。

 「ペット」は、8月11日に公開。