スティーブン・S・デナイト監督 Photo by Gabriel Olsen/FilmMagic/Getty Images

写真拡大

 ギレルモ・デル・トロ監督のSF怪獣アクション映画「パシフィック・リム」(2013)の続編は、昨年9月に無期限の製作延期が発表されたが、このほど製作が再開されることになったと米Deadlineが報じた。

 ただし、デル・トロ監督は続編のメガホンをとらず、代わりにドラマ「スパルタカス」のクリエイターで、ドラマ「デアデビル」のショーランナー(現場責任者)としても知られるスティーブン・S・デナイトが監督に起用されたという。デナイトにとっては、本作が長編監督デビューとなる。

 デル・トロ監督は自身のTwitterでデナイトと会ったことを報告。本作をこれから「大きくしていくぞ」との決意表明をしており、「パシフィック・リム2」にも積極的に関与するものと見られている。

 「パシフィック・リム2」は、2017年8月4日の全米公開が決定していたが、昨年9月に製作延期が発表された。背景には、同作を製作するレジェンダリーと、配給契約を結ぶユニバーサルとのあいだに確執があったとされている。なお、菊地凜子ほか、前作のキャストが続投するかは明らかになっていない。