坂上忍、怒りんぼうの主人公レッドの声を担当

写真拡大

 俳優でタレントの坂上忍が、大人気オンラインゲームを3Dアニメ映画化する「アングリーバード」の日本語吹き替え声優として、怒りんぼうの主人公レッドの声を担当することが発表された。

 「怒りんぼうの鳥を演じられるのは、日本一の怒りんぼう=坂上忍さんしかいない!」という、配給を手がけるソニー・ピクチャーズからオファーを、坂上が快諾。ハリウッドのアニメ作品で声優を務めるのは初めてとなるが、「子役の頃に『大草原の小さな家』でアフレコをやっていたので、すごく懐かしい感じがします。声のお仕事は大好きなので、楽しみながら頑張らせていただきます」と意気込んでいる。

 歯に衣着せぬ発言で人気の坂上は、声を吹き込むレッドの印象を「怒りっぽいのに、どこか憎めない。三頭身で歩く姿と、あのまゆ毛が一度見たら忘れられない」と語り、「僕もよく怒っています。まゆ毛もしっかりしている。なにげに顔も似ているかも!」と共通点を見出した様子。「普通に疑問を持ち、自分の意見を言い、結果的に怒っているように映るのかも……。でも、なかなか本音が言いづらい今だからこそ、逆に怒るパワーを持つことは大切だと思います」とコメントを寄せた。

 全世界で30億ダウンロードを記録した大ヒットゲームが初の映画化。鳥たちが平和に暮らす島“バードアイランド”を舞台に、怒りんぼうのレッド、お調子者のチャック、ビビりのボムの3匹が、いじわるなビッグたちに盗まれた大切な“たまご”を取り返すために大冒険を繰り広げる。「怪盗グルーの月泥棒」のジョン・コーエンがプロデュースを務めた。10月1日から全国公開。