「99.9 刑事専門弁護士」は4月スタート (c)TBS

写真拡大

 俳優の松本潤が、4月からTBSの日曜劇場枠で放送される「99.9 刑事専門弁護士」に主演することが決定し、超型破りな若手弁護士役で、香川照之、榮倉奈々らと共演することが明らかになった。

 日本の刑事事件では、検察が有罪確実な案件だけを起訴するため、ひとたび起訴されれば99.9%が裁判で有罪の判決が下ると言われている。本作では、たとえ99.9%有罪が確定している事件でも、最後の0.1%まであきらめずに事実を追い求める主人公を中心に、刑事事件専門の弁護士たちが巻き起こす痛快逆転劇を描く。

 松本演じる主人公の深山大翔は、お金にならない刑事事件ばかりを引き受ける貧乏弁護士。ある日、何度も無罪を勝ち取っている実績を買われ、4大法律事務所のひとつ斑目法律事務所にヘッドハンティングされるという役どころだ。弁護士役に初挑戦する松本は「僕も弁護士役を演じられる年齢になったのだなと実感しました」と言い、「台本を読んでみて、トリックの面白さや人間関係の描き方がとても面白かったです」と撮影を心待ちにしている様子。同局の連ドラ出演は2009年の「スマイル」以来で、日曜劇場初主演となるが「今は正直プレッシャーよりも楽しみの方が大きいですね」と心境を明かした。

 深山とチームを組む刑事事件専門ルーム室長の佐田篤弘役には、松本と初共演となる香川。「勝たなければ意味がない」がモットーで企業弁護のトッププレイヤーとして活躍していたが元検事というキャラクターを演じるにあたり、「深山は型破りな弁護士であるため、僕は逆にフォーマルな弁護士を楷書で演じるつもりで今はいます」とコメント。一方、刑事事件専門ルームのもう1人のメンバー立花彩乃を演じる榮倉は、「彩乃は自分自身をデキる女だと思っているのですが、深山にペースを乱されていく役柄です。松本さん演じる深山にかき乱される場面で、ドラマのリズムが出たら良いなと思っています」と意欲を燃やしている。

 そのほか、斑目法律事務所の所長・斑目春彦を岸部一徳、豪腕で鳴らし有罪率100パーセントを誇る次期検事総長候補・大友修一役を奥田瑛二、深山と敵対する検事・丸川貴久役を青木崇高が演じるほか、片桐仁、マギー、渡辺真起子、藤本隆宏らが共演する。

 日曜劇場「99.9 刑事専門弁護士」は、4月17日午後9時スタート。