福士蒼汰×土屋太鳳で一風変わったラブコメディ

写真拡大

 俳優・福士蒼汰が、田中メカ氏の人気漫画が原作の日本テレビ系ドラマ「お迎えデス。」に主演することがわかった。幽霊を自身に憑依させることができる特殊体質の理系男子・堤円役で、日テレ系連続ドラマ初主演。同じく日テレ系ドラマ初出演の土屋太鳳がヒロイン阿熊幸役を務め、一風変わったラブコメディをつむぐ。

 1999〜2002年に「LaLa」(白泉社刊)で連載された田中氏の漫画を実写化。大学生の円は、夜道で老人と格闘するピンク色のウサギに遭遇する。「おまえ、俺が見えるのか?」と驚くウサギは“死神”を名乗り、相手の老人は死んだばかりの幽霊だという。それ以来、円は幽霊の未練を解決し成仏させるアルバイトとして雇われ、先輩の幸にしごかれながら仕事に打ち込んでいく。

 幽霊を成仏させる会社が舞台の今作について、福士は「物語の中に幽霊が出てくると聞いて、これは型破りな作品になると思いました」と振り返る。さらに「『死』というとても重いテーマを扱っていますが、このドラマを通して、皆さんが自分自身や大切な人について改めて考えるきっかけになればと思います」と明かし、「僕の演じる円と、土屋さん演じる幸とのラブコメディの要素もあり、さらにストーリーには人と人のつながりや、どう生きてゆくかという人の成長が描かれています」とアピールに努めている。

 また土屋も、「死は重かったりせつなかったりするものだと思いますが、同時に『今を大切にする』とか『愛情を大切にする』という意味もあると思います」と持論を語る。そして、「このドラマにもそういうメッセージが込められていると思うので、私たちも考えながら、愛情を込めて作っていきたいですし、視聴者の方にもそういうことを考えていただけたらうれしいです」と呼びかけている。

 脚本は「アットホーム・ダッド」「結婚できない男」の尾崎将也が執筆し、演出は「花咲舞が黙ってない」の南雲聖一と「時効警察」の塚本連平が手がける。ドラマ「お迎えデス。」は、4月から日本テレビ系で毎週土曜午後9時放送開始。