(左から)コスプレ姿を披露したSKE48の高柳、松井、後藤

写真拡大

 「SKE48」が3月30日に発売する最新シングル「チキンLINE」が映画「プリパラ み〜んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ」の主題歌に決定。あわせて、同作の主要キャラクターの衣装をまとった松井珠理奈ら「SKE48」メンバーの写真が公開された。

 「プリパラ み〜んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ」は、小学6年生の女の子らぁらがファッションやダンスなど女の子の憧れが詰まった夢のような場所“プリパラ”を舞台に、“神アイドル”を目指す姿を描くテレビアニメ「プリパラ」の劇場版。プリパラにいる友だちのファルルから「キラキラを集めないとプリパラがなくなっちゃう」というSOSを受けたプリパラアイドルたちが、プリパラを守るために世界中のプリパラステージで「いいね」を集めるという物語で、「プリパラ」シリーズの劇場版では初のオリジナルストーリーとなる。

 主題歌「チキンLINE」は、「SKE48」の19thシングルとなり、同グループにとって初のアニメーション映画のタイアップソング。松井は「同性の方や、女の子たちにも聴いてもらえる機会が増えるので嬉しいです」と喜びを語る。一方、「プリパラ」のファンだといい、同作の舞台版にも出演した高柳明音は「プリパラはかわいいというイメージがあると思いますが、かっこいいキャラクターもいます。主題歌はそんなかっこいいイメージもあるので、SKE48の新たな一面も感じてもらえたらと思います」とアピールした。

 また、今回の発表にあわせて披露したコスプレ姿については、「私服でも衣装でもかわいらしいものを着ないので、らぁらの衣装はちょっと恥ずかしいですが新鮮な気持ちです」(松井)、「ずっと着てみたかったプリパラの衣装を着られてとても嬉しいです」(高柳)、「普段はラフな格好なので、大人っぽい服を着られて新鮮でした」(後藤楽々)とコメントを寄せた。

 「プリパラ み〜んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ」は3月12日から全国で公開。