【要注意!?】自動車マニアが美女から嫌われる12の理由

写真拡大 (全7枚)

自動車を趣味にしている男性って多いですよね。憧れの高級車に乗ったり、次々と車を買い換えたり、改造をしてみたり……。ある意味、男のロマン的な部分があるといえるでしょう。

女性の印象はよくない?

ところが、自動車に情熱を注ぐ男性は総じて女性からの印象がよくないといいます。トリビアニュース編集部でも「自動車が趣味という男性は好きですか?」というアンケートをおこなってみたところ、以下のような結果となりました。

Q. 自動車が趣味という男性は好きですか?

好き 12%

どちらでもない 16%

嫌い 72%

(年代問わず・女性50人が対象)

簡単なアンケートですが、実に7割以上の女性が自動車を趣味にしている男性を嫌いだと答えました。

車マニアが嫌われる理由は?

いったい、どうしてそこまで自動車を趣味にしている男性は嫌われるのでしょうか。「車を趣味にする意味がわからない」と、車マニアの男性を全否定する美女系の女性に意見を聞き、女性から嫌われる理由をまとめてみました。

自動車マニアが美女から嫌われる12の理由

1. 車がカッコよくても本人がダサい

車に対してたっぷり時間とお金をかけてキレイにしている人ほど、自分自身がイケてないというケースが多いそうです。

ガンダムにバカボンのパパが乗るようなものです。車よりもまず自分を磨けよと思われても仕方ありませんね。1万円かけて車を整備するなら、先に1万円かけて美容室に行くべきです。

2. お金を使う順番を間違っている

美女はたいてい車よりも食事を好みます。何十万もかけて車を改造するなら、彼女に美味しいごはんを食べさせるべきでしょう。高級車よりも高級ステーキです。高級車よりも高級焼肉です。

そもそも、高級ステーキより現金のほうが美女にとって重要なので、高級車や高級グルメより現金を渡したほうが手っ取り早く好かれますよ。

3. ムダにテクニックを見せたがる

自動車マニアであればあるほど、その車の性能を試したくなるもの。そのため、過度にやんちゃな運転をして車の性能や運転のテクニックを見せつけようとしてくる傾向があるそうです。

美女は運転のテクニックなんかよりも、夜のテクニックの方を期待しています。ドライブテクニックが上手でも、ナイトライフがポンコツな運転ではモテません。

4. ロケットスタートを決めたがる

3番の項目と似てはいますが、信号が青になった瞬間にロケットスタートをしたがる男性も嫌われます。マリオカートのやり過ぎだとしか思えません。

そういう男性に限って、ナイトライフも猛スピードで終わってしまう、美女にとって腹が立つ現実があります。

5. マニアックな知識や用語を披露したがる

車マニア同士の会話では、車の型番や年代などで盛り上がるかと思いますが、対女性で同様に盛り上がるわけがありません。大半の美女は車名どころか、メーカー名さえもどうでもいいと思っているのです。

6. 変なアイテムを装着する

ハンドルを握る際にいちいち専用のグローブを装着する人もいますが、美女は「そんなの装着して意味あるの?」としか思いません。他にも似合わないサングラスをかけたり、恥ずかしいアイテムを意味もなく装着するのはマイナスでしょう。

7. 執拗に靴の汚れを気にする

足についた汚れを気にし、車内に足を踏み入れる際にはしっかり靴の汚れを取ってくれとアピールする人もいます。車内を汚さない心がけは大切ですが、足元なんて絶対に汚れる場所じゃないですか。やり過ぎは相手に不快感しか与えません。

8. とにかくお金がかかりそう

「車好きの人は趣味にお金を使いすぎている」というイメージは非常に強いもの。女性は「車なんかにお金を使うなら、私にお金を使ってほしい!!」と、思うことが多いようです。

どんなに高級車に乗っていても、日常生活とのバランスが悪ければ心配しかされないでしょう。

9. 乗っているだけで注目される

高級車やスポーツカー、改造車などは乗っているだけでもまわりから注目されてしまいます。車マニアはそういう視線が快感なのかもしれませんが、同乗する女性にとっては恥ずかしいだけ。勘弁してもらいたいです。

10. 意外と細かい部分が雑

車にお金をかけている人に限って、駐車場が野ざらしだったり、地面が砂利の駐車場だったりするんですよね。そこで節約しているのかもしれませんが、車を大切に思っているなら、普段置いておく場所にもこだわったほうがいいんじゃないでしょうか?

11. 音楽のセンスが悪い

車内の音響にお金をかけまくっている人ほど、かけている音楽がダサかったりする気がします。音漏れしてるかもしれないと思うと、一緒に乗るのも恥ずかしいです。最低限、EXILEとか、三代目J Soul Brothersあたりをかけてほしいですね。

12. ナンバープレートがダサい

どんなにいい車でも、ナンバープレートの地域がダサいと萎えますね。超高級車なのに「足立」とか「群馬」とかだとドン引きします。東京なら「品川」「世田谷」「杉並」以外ありえないですね。

自己満足でしかない

いかがでしたでしょうか。意見をまとめてみると、車マニアのこだわりは女性にとってほとんどが「本人の自己満足」として消化されるようです。カッコいい車に乗っているとモテるというのは、もはや都市伝説なのかもしれませんね。

低燃費な女性は対象外

ひとつ注意してほしいのは、今回の調査は「美女が対象」であるということ。美女以外の女性にはあてはまりませんので、低燃費な女性相手なら今回のケースは無視してよいと思われます。

■執筆:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/