マイケル・ムーア (C)2015, NORTH END PRODUCTIONS

写真拡大

 「ボウリング・フォー・コロンバイン」「華氏911」など、アポなし突撃取材で米国の社会問題を暴いてきたドキュメンタリー監督マイケル・ムーアの最新作「Where To Invade Next」が、「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」の邦題で5月公開する。

 これまで、銃規制、対テロ戦争、医療保障、資本主義など、アメリカ国内に巣食う問題を取り扱ってきたムーアだが、本作では世界へ旅立ち、これまで一貫して批判してきたはずの権力の片棒を担ぎ、侵略する国に存在する“ある物”を根こそぎ略奪しアメリカに持ち帰る。

 度重なる侵略戦争がよい結果をもたらさなかったことを認めた、米国防総省幹部の切実な話を聞いたムーアは、国防総省に代わって自らが“侵略者”となることを提案。そして空母ロナルド・レーガンに搭乗し、大西洋を越えてヨーロッパを目指す。

 「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」は5月全国公開。