クリスチャン・ベイル
 - Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images

写真拡大

 映画『ダークナイト』シリーズや『アメリカン・ハッスル』などでおなじみの人気俳優クリスチャン・ベイルが、新作『ホスタイルズ(原題) / Hostiles』で、スコット・クーパー監督と再タッグを組むことになった。Deadlineほか複数のメディアが報じている。

 今作は、映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』『ブラック・スキャンダル』のジョン・レッシャーが企画している作品で、『ランバート 汚れた刑事』のケン・カオが資金繰りを行うようだ。そして、クリスチャンが『ファナース/訣別の朝』以来、再びクーパー監督作に出演することになった。

 1892年を舞台に、インディアンの血を引く陸軍大尉が、インディアンの酋長と彼の家族をニューメキシコからモンタナのインディアンの保留地まで連れて帰るというストーリー。クリスチャンとクーパー監督が再タッグを組むことで、どのような化学反応を生み出すか楽しみだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)