天性の歌声をいじられた多部未華子、
倍賞美津子、要潤ら

写真拡大

 女優の多部未華子主演の映画「あやしい彼女」の完成披露試写会が2月22日、東京・丸の内ピカデリーで行われた。多部は共演の倍賞美津子、小林聡美、要潤らとともに舞台挨拶。「皆さんの感想がどうなるかドキドキですけれど、楽しんで見ていただけたらうれしいです」と笑顔で語った。

 73歳の毒舌おばあちゃんが、あるきっかけで20歳の体を手に入れてしまうという役どころに挑んだ多部。倍賞との“2人1役”だったが、「同一人物なので同じシーンはなかったんですけれど、同じ撮影日があって倍賞さんは私を心配して、たくさん声をかけてくださったのに、はい、そうですねしか言えず申し訳ありません」と恐縮しきりだ。

 倍賞は、「感じも体つきも全く違うから、心だけはつながっていようねって言っただけよ」と優しくフォロー。「よくできました」というお褒めの言葉に、多部も安どの表情を浮かべた。

 だが、多部が天性の歌声を持っているという設定に話題が及ぶと、要が「天性の歌声ってあるんだって、思わずひざから崩れ落ちそうになった」とおどけると、「ちょっと」と大慌て。さらに、志賀廣太郎が「なんていいんだろうと、しばし役を忘れてしまった」、「ロックバンド「DISH//」のボーカルでもある北村匠海も「ここまでストレートに心に響く歌を久々に聴いた」とちゃかし気味に絶賛。多部は、「もう、本当にやめて」と照れることしきりだった。

 「あやしい彼女」は、同名の韓国のヒット映画を日本に設定を置き換えリメーク。20歳の体を手に入れたおばあちゃんが、自身の孫らに言い寄られてしまうことで起こる騒動を描く。4月1日から全国で公開される。