写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米BOX OFFICE MOJOは2月19日〜2月21日の全米週末興業成績を発表した。

『X-MEN』シリーズの異色のヒーローが主人公のスピンオフ映画『デッドプール』が前週に引き続きトップを堅守。累計興行収入も1週間で2億3,539万4,887ドルと破竹の勢いで、2位以下を大きく引き離した。

2位も前週同様『Kung Fu Panda 3(原題)』。公開から5週目を数え、累計興収1億1,710万4,584ドルと堅実にヒットを続ける。

3位は初登場の『Risen(原題)』がランクイン。『ウォーターワールド』『モンテ・クリスト伯』のケヴィン・レイノルズ監督による聖書を題材にした作品で、復活したと噂されるイエス・キリストの遺体を探すよう調査を命じられたローマ帝国軍の隊長をジョセフ・ファインズ主演で描く。

4位『The Witch(原題)』も今週初登場。2015年1月のサンダンス映画祭のプレミア上映で注目を集めたホラー映画で、新人のロバート・エガース監督による初作品。17世紀末のニュー・イングランドを舞台に、魔女裁判の先がけとなった民間伝承をベースとした魔女の迷信の恐怖がスタイリッシュな映像で描かれる。

その他1936年ベルリンオリンピックで活躍した、アメリカの英雄的陸上競技選手・ジェシー・オーエンスの伝記映画『Race (2016) (原題)』が6位に初登場している。

○北米週末興行成績TOP 10(2月19日〜2月21日)

(神野恵美)