内田恭子とダイアモンド☆ユカイ

写真拡大

 英の人気クレイアニメの劇場版最新作「ひつじのショーン スペシャル いたずらラマがやってきた!」のヒット祈願が2月22日、東京・渋谷区の金王八幡宮で行われ、ファンを代表してロック歌手のダイアモンド☆ユカイとフリーアナウンサーの内田恭子が参列した。

 2人は祈とうを受け、玉串を奉納。ユカイは、祝詞の「ショーンとラマの滑稽なるやり取りが……」という文面に吹き出しそうになるひと幕もあったが、「ちゃんと日本語で言うんだね。なんか不思議な感覚だった。でも、完璧でしょ」と親指を立てて手応えを表現した。

 4歳の双子の息子の弟に匠音(ショーン)と名付けるほどのファンと自任。「上の子が頼音(ライオン)だから、『ひつじのショーン』が出てくるまではパッとしなかったけれど、今では頼音に対抗できるようになった。ショーンあっての子育て。見るヤツは天才に近づける」と豪語した。

 一方の内田も、5歳と3歳の男の子の母親で、「もともと私が好きで、子どもと一緒に見るようになってからは上の子がショーンのぬいぐるみを抱っこして、一人で寝てくれるようになりました」と笑顔。映画については、「いつも通りメチャクチャ楽しいけれど、ショーンの心の葛藤や気持ちの変化が描かれていて、子どもから大人まで一緒になって楽しめます」とPRした。

 するとユカイが、「ウッチー、言うことが高ショーン(尚)だねえ」とオヤジギャグで称賛。そして、「ウチの双子ちゃんが生まれたのが2011年11月1日で、今日が2月22日。縁起がいいから必ずヒットする」と太鼓判を押した。

 祈願後には本物のラマも登場。ユカイは恐る恐るエサを与えつつ、「こんなに大きいって言ってなかったよ。でも、いいヤツだね」とコミュニケーションを図っていた。

 「ひつじのショーン スペシャル いたずらラマがやってきた!」は、英アードマン・アニメーションズの「ウォレスとグルミット」シリーズに登場するショーンを主人公にしたスピンオフ作品。見本市で競りにかけられていた3頭のラマを買い取ったショーンが、さまざないたずらで騒動を巻き起こしていく。3月5日から全国で公開される。