クリス・マーティンとグウィネス・パルトローの離婚について語ったサイモン・ペッグ/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

サイモン・ペッグが、友人であるクリス・マーティンとグウィネス・パルトローの離婚の原因の一つは、グウィネスの名声にクリスがついて行けなかったからだと明かしている。

【写真を見る】まだ結婚する前のクリスとグウィネス/写真:SPLASH/アフロ

「グウィネスはずっと前から有名人で、人々に注目されていた。だから名声にうまく折り合いをつけられる。一方、クリスはそれに混乱させられていたと思う。人々から興味を持たれるのは嬉しいものだけど、同時に、人々があることないこと自分について言いだしたり、いつも自分を追い回して来るようになると、それはとても嫌なことになる」とサイモンはローリングストーン誌に話している。

2003年に結婚したグウィネスとクリスは2014年に破局。そして昨年離婚しているが、現在でも親友として付き合っているという。「離婚しているんだけど、それは少し奇妙な離婚だ。僕はその言葉についてあまり考えないし、そういう風には考えていない。誰かと出会って、共に時を過ごし、その先に進んだという感じかな」とクリスは同誌に語っている。【UK在住/MIKAKO】