グウェン・ステファニー

写真拡大

人気ロックバンド、ノー・ダウトのシンガーとして人気を博しているグウェン・ステファニー。ソロ活動で忙しい彼女の代わりに、残りのメンバーがAFIのシンガー、デイヴィー・ハヴォックを迎え、新バンドを結成したとのニュースを先日お伝えした。グウェンが、その件についてメンバーから話はなく、ネットで知ったことを明かしている。

【関連記事】えっ、あの人も? ハリウッドで話題になった2015年上半期の恋愛事情

米E!Onlineによると、今月16日(火)、米ABCの人気トーク番組『Jimmy Kimmel Live!』にゲスト出演したグウェンが、メンバーの新バンド結成について初めて口を開いた。司会のジミー・キンメルが、「ノー・ダウトが新しいリードシンガーを加えたこと、僕から初めて聞いたとかじゃないといいんだけど...」と切り出すと、グウェンは、「実はネットでその件を知ったの。だから、そう言われるのは何だか面白いわね。でも、彼らのサイドプロジェクトであって、メンバーはパンクバンドをやりたがっているだけなの。ノー・ダウトじゃなくて、新しい音楽を作る新プロジェクトよ」と言い、あくまで新生ノー・ダウトではないことを強調。

しかし、ノー・ダウトの行く末は不明なようで、「バンドに戻りたかったら、(ベーシストで元恋人の)トニー・カナルに電話して聞かないと分からないわ。メンバーの多数決になるかも」ともコメントしている。

そして、今月11日(木)にリリースされたソロとしてのニューシングル「Make Me Like You」は、現恋人でカントリー歌手のブレイク・シェルトンについて歌った曲であるとも告白。また、今までに彼女は、元夫でロックシンガーのギャヴィン・ロズデイル以外には、トニーとブレイクとしか真剣交際をしたことがないとも明かしている。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・ノー・ダウト、グウェン・ステファニー抜きで新バンドを結成!ノー・ダウトのグウェン・ステファニー、ロックミュージシャンの夫と離婚へグウェン・ステファニー、新恋人とアダム・レヴィーンのブロマンスにOKサイン!?