パリの日本人観光客が落ち込み市長がアピール「危険な場所ではない」

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • 29日に訪日予定のバリ市アンヌ・イダルゴ市長がインタビューに応じている
  • 日本人観光客が減少したため「危険な場所ではないと訴えたい」と述べた
  • さらに、パリでは交通や観光地で大規模な治安対策を実施していると強調した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x