「顔が変」と話題になったトム・クルーズ/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

トム・クルーズが不自然に腫れた顔で英国アカデミー賞授賞式に現れて多くのファンを驚かせたが、英紙デイリー・メールが、急に顔が膨れたのはトムだけじゃないとして、ボトックス疑惑を抱かれている男性セレブたちを特集している。

【写真を見る】こちらは昨年夏ごろのトム。違いは一目瞭然?/写真:SPLASH/アフロ

同紙によれば、まず一人目はミッキー・ローク。彼の場合は顔全体をいじっていることで有名だが、頬と唇にフィラー注入しているため、頬の下部が凸凹になっているという。「彼は唇と頬にフィラーを入れ、額にボトックスを打っています」と専門家は証言している。

そして2人目は、ここ数年、顔がまん丸になったシルヴェスター・スタローン。「頬が膨れているのはフィラー注入でしょう。彼はアイリフトと、たぶんフェースリフトの手術も受けています」と専門家は語っている。

3人目はロシアのプーチン大統領。昔の写真を見ると不愛想で冷たい印象の顔つきだが、最近は顔がふくよかになった。「彼は頬とボトックスとフィラーを注入しているので、昔のような不愛想な顔ではなくなりました。しかしあまり成功しているとは言えません」と専門家は話している。

他にもライオネル・リッチーやドン・ジョンソン、ビリー・クリスタルらの写真が挙げられている。「彼らはリッチな人たちなんだから、好きなようにお金を使わせてあげたら」「プーチン大統領は顔にフィラー注入するより先に髪の増毛をするんじゃない?」「トム・クルーズは確かに別人になった」「単なる中年太りじゃないの?」などの読者コメントが英紙デイリー・メールのサイトには寄せられている。【UK在住/MIKAKO】