『ボニー&クライド/俺たちに明日はない』

写真拡大

不況時代のアメリカに実在した男女二人組の強盗、ボニーとクライドの凄絶な生き様を描き、アカデミー賞2部門を受賞した名作映画をリメイクしたドラマ版『ボニー&クライド/俺たちに明日はない』が3月21日(月・祝)にWOWOWプレミアにて放送される。

【関連お先見!】【海外ドラマ日記】『ボニー&クライド』『ボードウォーク・エンパイア』の背景がよくわかる禁酒法のドキュメンタリー『Prohibition』

1930年代前半に実在し、米国南部各地で強盗を繰り返した若き犯罪者カップル、ボニー・パーカーとクライド・バロウ。ウォーレン・ベイティとフェイ・ダナウェイが主演した1967年のオリジナル『俺たちに明日はない』は二人の出会いから続く凶行の数々を描いたが、本作は彼らが犯罪者になるまでをより丁寧に描写し、彼らがなぜ犯罪に手を染め続けたかという心理描写も重視している。

世界大恐慌下の時代。テキサス州郊外の貧しい農家で生まれたクライドは、兄のバックとともに10代のころからさまざまな事件を起こしていた。ある日、彼は結婚パーティーでボニーと出会い運命を感じる。一方、ボニーも退屈な日々に飽き飽きしていたが、クライドに惹かれ、次第に二人は各地で強盗を繰り返すように。ボニーとクライドはある時期から強盗団を結成するが、テキサス警備隊から厳しくマークされるようになり...。

破滅的なカップルを演じるのは、ショーン・ペン監督作『イントゥ・ザ・ワイルド』での演技が絶賛されたエミール・ハーシュと、『ボルジア家 愛と欲望の教皇一族』でのルクレツィアが印象的だったホリデイ・グレインジャー。また、オスカー俳優のウィリハム・ハート(『蜘蛛女のキス』)とホリー・ハンター(『ピアノ・レッスン』)が脇を固める。監督を務めるのは、『ドライビング Miss デイジー』のブルース・ベレスフォード。

ドラマ版『ボニー&クライド/俺たちに明日はない』(全2話)は、WOWOWプライムにて3月21日(月・祝)19:30より放送。また、この翌日3月22日(火)には、オリジナル版『俺たちに明日はない』がWOWOWシネマにてオンエアとなる。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・ホリー・ハンターとウィリアム・ハートが『俺たちに明日はない』で再共演『モダン・ファミリー』のサラ・ハイランドが『俺たちに明日はない』に出演!FOXが現代版『俺たちに明日はない』の製作を企画中!