「ディバイナー 戦禍に光を求めて」場面写真 (C)2014 DIVINER HOLDINGS PTY LTD, RATPAC
ENTERTAINMENT LLC,NETWORK INVESTMENT
HOLDINGS LIMITED, SEVEN NETWORK
(OPERATIONS) LIMITED AND MEGISTE FILMS PTY LIMITED

写真拡大

 オスカー俳優ラッセル・クロウの主演&初監督作「ディバイナー 戦禍に光を求めて」の第1弾メイキング映像が、このほど公開された。

 映画は、第1次世界大戦中に13万人以上の戦死者を出したトルコ・ガリポリの戦いから4年後が舞台。生死が不明になった3人の息子を探しにオーストラリアからトルコへやって来た父親の、喪失と愛を描いた人間ドラマだ。

 公開されたのは、クロウ扮する主人公コナーの息子たちが戦ったガリポリの戦場シーンのメイキング映像で、細かな部分にもこだわって指示を飛ばすクロウの姿が確認できる。役者が走る方向や爆薬の位置、爆発のタイミングなどを丁寧に説明し、自らの頭に思い描いた通りの画を完成させていく。岩の重みを感じさせる筋肉の見せ方や、顔の動かし方など演技指導にも余念がなく、オスカー俳優初監督作品の仕上がりに期待が高まる。

 「ディバイナー 戦禍に光を求めて」は2月27日から全国公開。