いよいよ今年最初のGIレース、2月21日にフェブラリーSの日がやってくる。この日は、ダートの猛者が府中のマイルに集結する。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」より、ダート王「カネヒキリ」について振り返る。

 * * *
 角居厩舎でダート王と言えばカネヒキリです。2005年に3歳でJCダート(当時)をレコード勝ち、翌年のフェブラリーSでは2着に3馬身をつけて圧勝しました。同じ馬主さんで主戦も武豊騎手だったことから「砂のディープインパクト」と称されました。「天馬空を行くがごとし」の快進撃でしたが、そこに到るまで、またタイトルを獲ってからも、いろいろとありました。

 母系(ライフアウトゼア)はアメリカの血統で、筋肉質で幅があって四角い体型です。それでもダート向きの固定観念を消し、デビューは芝。2004年夏の新潟、小倉と走らせました。しかし4着、11着と芳しくない。そこで一息入れ、翌2月の京都でダートに変えて初勝利。2週後の中山でも勝ち、強い競馬に手応えを感じました。

 そこでもう一度芝に戻してみました。2勝しているので重賞でも使え、勝てばクラシックにも参戦できます。しかし毎日杯では7着。3番人気の期待に応えられませんでした。

 この時点で進む道を“砂”に決めました。するとオープンの端午Sと重賞ユニコーンSを圧勝。ディープインパクトと同世代。あえてぶつけていくこともないという判断もありました。

 ジャパンダートダービー(大井)とダービーグランプリ(盛岡)を連勝、中央の武蔵野S(2着)を経てJCダートを制し、この年の最優秀ダートホースに選ばれました。

 ですが、芝を見切ったわけでもない。ダートレースの追い切りで芝を行なう。スピードを研(みが)くためです。翌年のフェブラリーSのときも芝で追い切りました。これは東京マイルのスタートが芝ということも理由のひとつでした。「どうして芝で?」と武豊騎手に言われたことを思い出します。

 この年はドバイワールドカップ(4着)、帝王賞(2着)と走った後屈腱炎を発症、2年以上の休養を余儀なくされました。スピード馬の宿命でしょうか。

 体質的には苦労しましたが、体がどんどん変わっていく馬でもありました。レースで走って、休みが入るごとに、コンパクトだった体型が大きくなっていく。大きくなっていくだけでなく、形もよくなっていきました。変わりっぷりの良さは管理した馬の中でも一番です。

 6歳秋に復帰し、この年から阪神コースに替わったJCダートをルメール騎手で勝ちます。暮れの東京大賞典も制し、2度目の最優秀ダートホースに選出されました。8歳まで走って23戦12勝、中央・地方交流合わせて7つのG気鮠,繊現在は種牡馬として活躍しています。

 変化という意味では、芝での走りを砂で生かせた馬だと言えます。芝で追い切り、砂を走る。芝で負けた次には必ず勝った。そんな記憶がカネヒキリに残っていたのかもしれません。「芝を走った後は、いいことがあるぞ」と。

●すみい・かつひこ:1964年石川県生まれ。中尾謙太郎厩舎、松田国英厩舎の調教助手を経て2000年に調教師免許取得。2001年に開業、以後14年で中央GI勝利数23は歴代2位、現役では1位(12月20日現在)。ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。競馬の他、馬文化普及や障害者競馬などにも尽力している。主な管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカ、エピファネイアなど。

※週刊ポスト2016年2月26日号