2016年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牝馬編:第3弾)

 3歳牝馬クラシック第1弾の桜花賞(4月10日/阪神・芝1600m)まで、すでに2カ月を切った。

 先週は、本番を見据えたトライアル戦を前にして、東京競馬場ではGIIIクイーンC(2月13日/芝1600m)が行なわれた。同レースには、クラシック「大本命」の2歳女王メジャーエンブレムが登場。序盤から先頭に立ってペースを握ると、ハイペースをそのまま押し切って、後続に5馬身もの差をつけて圧勝した。桜花賞本番に向けて、その強さを改めてアピールした格好だ。

 今回は、これらの結果と経過を踏まえて、牝馬クラシック戦線を占う『Sportivaオリジナル番付(※)』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、今春のクラシックを目指す3歳牝馬の、現時点における実力を分析しランキング付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。

 1位は、前回と同じく満場一致でメジャーエンブレム。年明け初戦のクイーンCでは、GI阪神ジュベナイルフィリーズ(2015年12月13日/阪神・芝16000m)以上にインパクトを与える勝ち方を披露し、さらに評価を高めた。

木南友輔氏(日刊スポーツ)
「クイーンCは、声が出なくなるほどの圧勝劇。1分32秒台の勝ち時計にも驚きました。同日の牝馬限定の1000万条件戦、調布特別(東京・芝1800m)でも1分45秒5という好タイムをマークするほどの高速馬場だったとはいえ、3歳になったばかりの牝馬が、それも自分でペースを作ったことを考えれば、驚異的な記録と言えるでしょう」

吉田順一氏(デイリー馬三郎)
「阪神JFから、中8週でクイーンCを叩いて、中7週で桜花賞を迎えるローテーションには、3つの意味があるのではないでしょうか。ひとつは、圧巻の内容で2歳女王となった完成度の高さと威厳を、本番の桜花賞まで誇示すること。ふたつ目は、関東馬ですから、関西遠征してまでトライアルを使う意味がないこと。3つ目は、クイーンCで高いパフォーマンスを示しても桜花賞まで間隔があるため、疲れをとりつつ、しっかりと調整できること。そして実際、クイーンCでは自ら平均ラップを刻みながら、1分32秒5という好時計をマークして、圧巻の競馬を見せてくれました。時計の出やすい馬場を考慮しても文句なし。他陣営に対して、精神的に優位な立場を守って本番を迎えられる利は、相当大きいと思いますよ」

市丸博司氏(パソコン競馬ライター)
「クイーンCに2歳女王が出走してきて、しかも優秀なタイムでぶっちぎってしまうなんて、普通の年ではありえないこと。しかも、同レースで史上まれに見るハイペースを作って圧勝。桜花賞の前の時点で、3歳牝馬が出したタイムフィルター指数(※市丸氏が独自に編み出したデータ指数)としては、ブエナビスタがチューリップ賞で出した指数を上回り、過去最高となりました。

 現状、昨秋のアルテミスS(デンコウアンジュの2着)のときのようにスローの逃げに持ち込むと、持ち味が生きないと思われます。平均以上のペースで、気分よく逃げるのが理想でしょう。問題を挙げるとすれば、内枠に入って、強引に競りかけてくる馬がいたときにどうなるか。あと、極端な距離延長は望ましくないでしょう。逆に言えば、そのくらいしか不安点がないということ。桜花賞までは安泰だと思います」

土屋真光氏(フリーライター)
「馬場や展開など条件がはまったとはいえ、自らハイペースを作って、後続に何もさせずにぶっちぎった内容は、改めてレベルの違いを感じました。しかも、目いっぱいの仕上げだった阪神JFとは異なり、今回は先を見据えての余裕残しでの結果でした。ここからさらに上積みがあるとすれば、桜花賞では生半可な馬では太刀打ちできないと思います」

 2位は、シンザン記念(1月10日/京都・芝1600m)2着のジュエラー。その後の出走はないものの、同馬を超えるような新たな存在も現れなかったため、前回に続いて2位を確保した。

木南氏
「出走予定のトライアル戦、チューリップ賞(3月5日/阪神・芝1600m)の走り次第で主役に躍り出るかどうか、注目です。兄姉の中では、馬体重が最もあることがセールスポイント(シンザン記念時で504kg)。主にスプリント戦で重賞4勝を挙げた半姉のワンカラット(父ファルブラヴ)でも、デビュー時は470kg台でした。精神面の余裕を持たせたまま、体調を維持していけば、楽しみな存在になると思います」

 3位は、オープン特別の紅梅S(1月17日/京都・芝1400m)を快勝したシンハライト。もともと評価は高かったが、実績を残したことで、ついにランキング入りを果たした。

吉田氏
「一頓挫あって、2戦目の紅梅Sでは距離不足が懸念されていました。しかし、距離を意識せず、急かさない競馬に徹して、接戦をモノにしました。これで本賞金を加算。クラシックに出走できる公算が大きくなったことは、プラスに働くはずです。メジャーエンブレムにはない、ディープインパクト産駒らしい瞬発力と切れ味が生きる流れになれば、桜花賞の舞台でも逆転の可能性があるのでは? と思わせる素材です」

 4位は、前回3位タイのウインファビラスと、初のランク入りとなったレッドアヴァンセ。レッドアヴァンセは、オープン特別・エルフィンS(2月6日/京都・芝1600m)の勝利を買われて浮上した。

本誌競馬班
「ウインファビラスは、ランキング上位馬のような派手さはありませんが、重賞で2着2回。この世代では、実績上位と言えるのではないでしょうか」

土屋氏
「レッドアヴァンセは、牡馬相手の新馬、未勝利では勝ち切れませんでしたが、牝馬限定戦では、血統どおりの力を発揮。未勝利、オープンと、見事連勝を飾りました。その走りからは、京都向きの印象もありますが、切れ味が生きる流れになれば、本番の舞台となる阪神でも出番がありそうです」

 3月に入ると、いよいよチューリップ賞、フィリーズレビュー(3月13日/阪神・芝1400m)など、トライアル戦がスタートする。そこで、「絶対女王」メジャーエンブレムに待ったをかけるような存在が現れるのか、必見だ。

text by Sportiva