馬群が最後の直線にさしかかると、スタンドから声援が飛ぶ。「ユタカ!」「イワタ!」「デムーロ!」──ジョッキーの名前を連行するのは競馬の醍醐味のひとつである。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」より、ジョッキーという職業の現実についてお届けする。

 * * *
 どの馬に誰を乗せるのか。調教師として重要なミッションです。

 まずは馬主さんの意向を重視します。馬の能力を最大限に発揮して勝ち切ることのできるジョッキーがベストですが、すぐに決まるわけではなく、馬の適性や個性、レース距離などによってジョッキーのタイプをいくつか提案します。

 とくに新馬戦は晴れのデビュー戦ですから、馬主さんからもリクエストがあります。馬に競馬を教えてくれるようなジョッキーがいい。あたりの柔らかい乗り手では武豊、福永祐一、浜中俊。強く追えるのは岩田康誠、川田将雅、そして外国人ジョッキーでしょうか。

 馬の負担を減らすために、減量特典のある若手を使うという考え方もありますが、その馬が勝ち上がっていくと実績のあるジョッキーに乗り替わりというケースも出てきます。そうなると気の毒なので、ウチでは新馬戦で若手ジョッキーに騎乗依頼することは少ないですね。

 当然、いいジョッキーには騎乗依頼が集まる。だから、賛否両論のあるエージェント制は時代の趨勢だと思います。ジョッキーは騎乗に集中できるし、厩舎にとっても鞍上を決めるまでの時間のロスが防げます。厳しい勝負の世界ですから、鞍上はドライにカチっと決まる……と言い切りたいところですが、やはり人間関係も大事です。

 デルタブルースで菊花賞を勝った岩田ジョッキー。今や第一人者ですが、当時はまだ地方競馬に在籍していました。パワフルな騎乗スタイルが持ち味ですが、馬主さんや厩舎に好かれるタイプです。熱心で調教にも毎朝来る。打ち上げのときにはニコニコとして歌って踊る。激しさと人懐っこさ。そのメリハリが馬主さんに好かれるのだと思います。

 昨年、M.デムーロとルメールがJRAの所属になり、他にも多くの外国人ジョッキーが短期免許で来日しています。だからといって出稼ぎ気分で稼げるほど甘い世界ではありません。

 レースは数分。「一年を十日で暮らすいい男」というのは江戸時代の力士への賛美(嫉み?)ですが、騎手も似たようなことを言われます。

 しかし彼らのメンタル面を考えると、こんな苛酷な生業もありません。言葉の通じない動物に命懸けで騎乗し、着順が明確に出る。信じられないような末脚で差しきるときもあれば、スタートで大きく出遅れることもある。歓喜や失意や後悔が全身を巡る。ファンからも「へたくそ!」「金返せ!」という罵声が飛ぶこともある。それでも続けて騎乗するときは、また観衆の前に出なければならない。この繰り返し。

 馬と同じく、自分の心をいかに御せるか。やはりメリハリが大事なのですね。

●すみい・かつひこ/1964年石川県生まれ。中尾謙太郎厩舎、松田国英厩舎の調教助手を経て2000年に調教師免許取得。2001年に開業、以後14年で中央GI勝利数23は歴代2位、現役では1位。ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。競馬の他、馬文化普及や障害者競馬などにも尽力している。主な管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカ、エピファネイアなど。

※週刊ポスト2016年2月19日号