旅客機で大喧嘩、半裸で放尿した男(出典:http://www.dailymail.co.uk)

写真拡大

仏パリに向かって飛行中であった旅客機の機内において、1人の男の乗客が大声で周囲と揉め、挙句の果てに放尿。飛行機は緊急着陸を余儀なくされたと英メディア『dailymail.co.uk』が伝えた。

そのフライトは仏・航空会社「エール・メディテラネ(本拠地:ルルド)」によるML2673便(エアバスA321型機)。8日、166名の乗客を乗せてアルジェリアの首都アルジェからパリに向かって飛び立つも、1名の男の身勝手な要求が原因で大変なトラブルに発展した。

飛行距離の半分ほどを過ぎた上空で突然始まった言い争い。男は飲酒や喫煙を希望するも禁じられたため不満をまくしたて、着ていたものを脱いで上半身裸となり、別の乗客に向かって放尿したところで男性の乗務員らに取り押さえられた。

保安上の理由から緊急着陸を決断した機長。そのため旅客機はUターンにも等しい方角でリヨン・サン=テグジュペリ国際空港に一旦着陸となった。問題の男を空港警察に引き渡して再び離陸するも、目的地のパリ=シャルル・ド・ゴール空港到着には3時間の遅れが生じたという。

出典:http://www.dailymail.co.uk
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)