ケーキにデコレーションを施した益若つばさ

写真拡大

 米DCコミックの2大ヒーローが対決する大作映画「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」のバレンタインイベントが2月11日、都内で行われ、モデルでタレントの益若つばさがトークショーにゲスト出演した。

 バットマン、スーパーマンとも「ちっちゃい頃にお父さん、お母さんと見ていたけれど、設定はよく分からない初心者」という益若。それでも、ファッションのアイテムに取り入れることは多く、この日もバットマンのトレーナーにスーパーマンのニット帽というコーディネートを披露した。

 そこで両ヒーローの複雑な生い立ちなどの説明を受けたうえで、交際してとして二者択一を迫られるとビジュアルに関しては「10対0でバットマン。全体的にブラックで影がありそうな雰囲気も格好いい。私服も黒が多いので。こっち(スーパーマン)は鈴木奈々かな。今日も元気です、みたいな」と笑顔。しかし、スーパーマンの純粋さ、優しさなどを知ると「どちらも素敵。どうしようかなあ。混ぜちゃダメですか? 映画を見てから決めます」と複雑な乙女心をのぞかせた。

 バレンタインデーに合わせ、両ヒーローのエンブレムを合わせたロゴマーク型のチョコレートケーキにデコレーションを施し満足げな表情。今月14日の本番に向けては、「誰かにあげるというか、友達や息子と作っているイメージが強い。今年も息子と一緒に作ると思うけれど、何を作るかはまだ考えていない」と話した。

 交際中の「SEKAI NO OWARI」のボーカル・Fukaseに対しては「作った方がいいんですかねえ」とオトボケ。取材陣から「特別なものに」、「名前を入れて」、「形はハート」でと矢継ぎ早にリクエストされると、「その通りに作って私がツイッターに載せたら、皆喜ぶでしょうね」とまんざらでもない様子だった。

 「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」は、世界の平和を守ってきたスーパーマンが、そのあまりのパワーに人類が脅威を感じ始めたため、その対抗手段として闇の中で戦ってきたバットマンが立ち上がる究極の対決を描く。3月25日から全国で公開される。