ベッカム長男を擁護したエルトン・ジョン/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

バーバリーの新フォトグラファーとしてデビューしたブルックリン・ベッカムに、プロの写真家たちから非難の声が寄せられていたことに対し、ブルックリンの後見人であるエルトン・ジョンが反論している。

【写真を見る】フォトグラファーを目指していると言われているブルックリン・ベッカム/写真:SPLASH/アフロ

わずか16歳でプロとしての経験のないブルックリンが、バーバリーのようなビッグなブランドの広告キャンペーンのフォトグラファーとして起用されたことについては、プロの写真家やファッション関係者たちからツイッターで「縁故主義」という批判が多くなされていた。だが、エルトンは、ブルックリンを起用して注目を集めようと考えたバーバリーは賢いと評価しているそうだ。

「これでバーバリーが達成できる宣伝効果はどれほどだろう?それが重要な点だよ。ファッションショーのランウェイに登場する素晴らしい服の数々がショップには並ばなくてもメディアに取りあげられるのと同じだ。宣伝だよ」とエルトンは英紙メトロに話している。

「ブルックリンはフォトグラファーを目指しているんだ。ロメオはバーバリーのためにモデルを務めた。だったらブルックリンも写真を撮るべきだろう」とエルトンは語っており、家族のネームバリューを利用することは少しも間違ったことではないと主張している。

このニュースを伝えた英紙デイリー・メールのサイトには、「私はベッカム家が好きだし、今でもカーダシアン家よりいいと思うけど、最近何か鼻につくようになってきた」「少なくとも働いているだけいいんじゃない。セレブの子供は仕事なんてしないから」「ブルックリンはフォトグラファーを目指していて、パパとママの力を借りて必ずそうなるでしょう」などの読者コメントが寄せられている。【UK在住/MIKAKO】