セクシーな魅力を振りまいた橋本マナミ

写真拡大

 女優でグラビアアイドルの橋本マナミが2月10日、都内で行われた、マイケル・ベイ監督のテレビシリーズ進出作である海洋アクション「ザ・ラストシップ」ファーストシーズンのブルーレイ&DVD発売記念イベントに、ミリタリーライター金子賢一氏とともに出席した。

 ドラマは、謎の伝染病で人類の80パーセント以上が死に絶えた世界を舞台に、米軍戦艦に残された216人が人類を救うワクチンを手に入れようと奮闘するさまを描いた。今作にちなみ、橋本は軍服を思わせる白のジャケットにホットパンツとブラトップというセクシーな衣装で登場。エアソフトガンを使用して撃ちあうサバイバルゲームにも参加経験があるといい、「スリル満点。結構ドMなので、狙われる感じにはまってしまって。ゾクゾクしました」と色っぽく感想を述べた。

 さらに橋本は、エリック・デイン演じる主人公のトム・チャンドラー艦長の男らしさに感銘を受けた様子で、「男性が(見て)チャンドラー艦長のような、頼りがいのある男性を見習ってくれたらいいな」と世の男性を鼓舞。イベント後の取材では、これまで「好みのタイプ」と公言してきた漫画化でタレントの蛭子能収と比較し、「蛭子さんじゃなくてこっちの方がいいかなと思い始めた(笑)。やっぱり男性には男らしくいて欲しいですね」とメロメロの様子を見せていた。

 一方で、劇中に登場するヘリコプターや駆逐艦はすべて実物を使用していることを紹介し、「迫力満点で、アクションシーンが印象的。リアルなところや、人間ドラマがどう展開していくのかが見どころです」とアピール。金子氏もチャンドラー艦長の胸元にある、受章歴を示す略綬(りゃくじゅ)に注目して欲しいと言い、「軍服は着用者の履歴書。なんちゃっての軍服ではなく、艦長のバックボーンまでちゃんと考えられている点が面白い」と、その再現性に太鼓判を押していた。

 「ザ・ラストシップ ファーストシーズン」ブルーレイ&DVDは発売中。