柳楽優弥演じる狂気の主人公・芦原泰良 (C)2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会

写真拡大

 柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎、池松壮亮ら若手実力派俳優が結集した映画「ディストラクション・ベイビーズ」の新劇中カットが、このほど披露された。柳楽演じる主人公・泰良が狂気に染まった目を光らせる姿をはじめ、5人のキャスト陣がそれぞれ異なる表情を浮かべる様子を確認することができる。

 「イエローキッド」(2010)、短編「NINIFUNI」が国内外から注目を浴びた新鋭・真利子哲也監督の商業映画デビュー作。愛媛の小さな港町で、芦原泰良(柳楽)は弟の将太(村上)とふたりきりで暮らしていた。松山市内の路地裏でケンカに明け暮れる泰良は、「面白いことしようや」と声をかけてきた青年・裕也(菅田)とともに、通行人に暴行を加えるようになる。車を強奪したふたりは、たまたま乗り合わせていたキャバクラ嬢の那奈(小松)を連れ、松山市外へと向かう。

 劇中カットでは、暴力に飢える泰良が危険な雰囲気を放つほか、そんな泰良に惹かれる裕也がはかなくたたずむさまを切り取っている。さらに思いつめた表情でうつむく那奈、兄を探しにやってきた学ラン姿の将太、そして物語の重要な局面で登場するキャバクラの店長・三浦(池松)の姿をとらえている。

 「ディストラクション・ベイビーズ」は、真利子監督と「桐島、部活やめるってよ」の喜安浩平が共同脚本を手がけ、若者の狂気と欲望を圧倒的な密度で映し出す。北村匠海、三浦誠己、でんでんらが出演。5月から全国で公開される。