中国領空でビックリ体験の高須院長

写真拡大

 高須クリニック高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。2016年の1月中旬にドバイへ旅行に行ったという高須院長に、現地の様子をうかがいました。

 * * *
──1月の中旬にドバイへ旅行に行かれてたんですよね。

高須:そうそう。本当なら国境なき医師団病院をこっそり視察するためにヨルダンのアンマンに行く予定だったんだよ。でもいまは危ないからね。だから、ひとまずアブダビに行って様子を見てからにしようってことになったんだけど、ガイドに聞いたらやっぱりアンマンは危険だってことで、ドバイに行ったの。

──ドバイはいかがでしたか?

高須:ものすごく平穏。内戦もテロも全然関係ない雰囲気だったよ。ドバイは石油が取れないから、観光やら金融やらで成り立ってるわけだけど、いろんなイスラム社会のお金を運用しているみたいだね。それこそ、旧フセイン政権の人達のお金とか、イスラム国のお金なんかも運用してるなんて話もあるみたいだし。

 そういえば、オサマ・ビンラディンがドバイのとある病院に入院しているなんて話も聞いたことがあるよ。イスラム関係のいろんな人が出入りしているのは間違いない。結局、ドバイはイスラム過激派の利権が絡んでいるから、攻撃されないってことだね。

──治安もいいんですね。

高須:うん、治安もすごくよかったし、街の人もみんな真面目だったよ。ゴールド・スーク(註:貴金属専門の市場)で、とある店を現地の人に連れられて冷やかしで行ったんだよ。そこはニセモノなんかも扱ってるお店だったんだけど、一緒に行った人がたしか800ドル弱くらいの買い物をしたのかな。で、900ドルを出したら「1枚多いです」ってちゃんと返してくれてね。しかも、ドルに両替をしてくれって頼んだら、隣のビルの両替所まで走って行ってちゃんと小銭まで揃えてくれた。偽物屋なのに、真面目で勤勉だっていう(笑い)。さすがに治安がいい日本でも、非合法なお店はそこまでしてくれないよ。

──ドバイで携帯電話や財布を落としても、絶対に戻ってくるなんていう話もあるみたいですね。

高須:そういう意味だとドバイは本当に日本よりも治安がいいね。だって、僕は赤坂のゲームセンターで遊んでる途中にかばんを置引されたんだから。交番に被害届を出しても、まったく驚く様子もなかったし(笑い)。

──ドバイの景気はどうでしたか?

高須:いやあ、結構厳しかった。正直言って景気的には悲惨な状況だと思うよ。石油取引のサヤで稼いでるのに、肝心の石油がどんどん値下がりしてるんだから、仕方ないんだけどね。観光客もちょっと前なら欧米人が多かったけど、いまは中国人ばっかり。

──パッと見た雰囲気で景気の悪さを感じるんですか?

高須:そうだね。華やかさが全然なくなってたよ。

──エミレーツの飛行機はどうでしたか?

高須:CAがちょっと微妙になってたかもな。こんなことを言ったら怒られちゃうかもしれないけど、サービスもイマイチだったし、前ほどキレイな人が揃ってなかった(笑い)。潰れる間際のパンナム航空みたいかな。

 あと、エミレーツは機内でWi-Fiが使えるから、スマホでずっとネットをやってたんだけど、あるとき急に繋がらなくなったんだよ。どうやらちょうど中国の領空を飛んでたみたいでね。まあ、よくよく思い出してみると、中国とインド上空の一部ではWi-Fiが使えなくなる可能性があります、っていう注意書きがあったんだけどね。で、ネットに繋がらなくなったとき、スマホの画面からフェイスブックのアイコンが消えてたんだよ。これがたまたま僕のスマホがおかしくなっただけなのか、中国の上空に入ったから、そうなったのかはわからないんだけど、本当に不可解な出来事だったね。

──繋がらないだけでなく、アイコンが消えるなんて、そんなことがあるんですね。

高須:何かよくない写真をアップしちゃって、アカウントを削除させられたのかと思ったんだけど、そういうわけではなかったもんなあ。中国の領空を抜けたら、普通にアイコンが復活してたしね。いやあ、本当に不思議。中国の領空で衛星の使用が制限されて、ネットが使えなくなるのはまだわかる。でも、僕のスマホからフェイスブックのアイコンが消えるのはよくわからないね。中国が、僕のスマホを遠隔操作したってことなのかな? もしそうだったら、驚いちゃうね。

 * * *
 一時期のゴージャス感が薄れつつあるというドバイ。その凋落が今後の中東情勢にどう影響していくのか、注目する必要がありそうだ。それにしても、中国領空でのフェイスブックアイコン消滅が不可解です…。

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)など。最新刊は『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)。