マーリンズ・イチロー【写真:田口有史】

写真拡大

マーリンズ最古参の番記者が明言、「得票率100%は無理だろうが、95%を集める」

 マーリンズのイチロー外野手は今季、残り65本に迫ったMLB通算3000本安打の金字塔に挑む。マーリンズ最古参の番記者は、2017年シーズンのオプションを含む1年契約を結んでいるメジャー最年長野手について、現役引退後5年目で迎える有資格1年目で野球殿堂入りすると明言。さらには、95パーセント以上の圧倒的な得票率でクーパーズタウン行きになると分析している。

 地元紙「マイアミ・ヘラルド」のクラーク・スペンサー記者は、マーリンズの番記者を17年間務めてきた。昨年、第4の外野手としてマイアミにやってきたイチローの偉大さについて、こう語っている。

「アメリカのメディアにとっても、3000本安打というのは最大のマイルストーンになる。日米通算ヒット数の話題もあるけれど、(メジャー)3000本安打がアメリカでは全て。万が一、3000本にいかなくても、彼はメジャーの殿堂入りを果たすことになる。例えば、私が投票するか悩んだりする選手や、選出ギリギリの選手もいるが、彼に関しては考える必要もない。これは間違いない。

 彼の数字も常軌を逸している。安打数、盗塁数を見ればいい。イチローはファーストバロット(初年度選出)だ。得票率100パーセントは無理だろうが、95パーセントを集める。そう言っても安全だろう。日本のアスリートで初めてアメリカのメジャースポーツで殿堂入りする選手になるだろう。こういうレベルの選手はそんなに頻繁に出てこないものだよ」

95%以上の得票率で殿堂入りした15人は偉人ばかり

 メジャー15年間でイチローは凄まじい数字を残してきた。オリックスからマリナーズに移籍した2001年には史上2人目となるMVPと新人王の同時受賞を果たし、盗塁王、最多安打、首位打者などタイトルを次々に獲得した。さらに、10年連続での200本安打、オールスター出場、ゴールドグラブ賞受賞を達成。MLB通算盗塁数は現役最多の498で、500の大台まで残り2としている。

 殿堂入りはメジャーで10年以上プレーした選手が対象となり、全米野球記者協会(BBWAA)に10年以上所属している記者の投票で75パーセント以上を手にする必要がある。

 メジャーの歴史で95パーセントの得票数を獲得した選手はわずか15人。

タイ・カッブ(98.2%)
ベーブ・ルース(95.1%)
ホーナス・ワグナー(95.1%)
ハンク・アーロン(97.8%)
ジョニー・ベンチ(96.4%)
トム・シーバー(98.8%)
スティーブ・カールトン(95.6%)
マイク・シュミット(96.5%)
ジョージ・ブレット(98.2%)
ノーラン・ライアン(98.8%)
トニー・グウィン(97.6%)
カル・リプケン(98.5%)
グレッグ・マダックス(97.2%)
ランディ・ジョンソン(97.3%)
ケン・グリフィー・ジュニア(99.3%)

 メジャー史に名を刻むレジェンドしかいない。

 イチローが残り65安打に迫る3000本の金字塔を達成できなくても、アメリカの4大スポーツで初めて殿堂入りを果たす日本人になるとクラーク氏は断言している。生きる伝説への道を背番号51は一歩一歩、踏みしめている。