真実を伝えるために奮闘した男たちの生き様…
 - (C) Feelgood Films 2014 Ltd.

写真拡大

 俳優のマーティン・フリーマンが主演を務める映画『アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち』の予告編が公開され、マーティン演じる革新的で野心的な若手プロデューサーのミルトン・フルックマンが、ホロコーストの蛮行を暴いて真実を伝えるため、ナチス戦犯の裁判をテレビで放送しようと奔走するさまが明らかになった。

 1961年、元ナチス親衛隊将校アドルフ・アイヒマンを裁く“世紀の裁判”が開廷された。ナチスがユダヤ人に何をしたのか、ホロコーストの実態とは……生存者たちの口から貴重な証言が語られるこの裁判を撮影し、その映像を世界へ届けるという一大プロジェクトの実現に奔走した名もなきテレビマンたちの実話を活写する。メガホンを取ったのは『アンコール!!』などのポール・アンドリュー・ウィリアムズ監督。

 「撮れるのか?」という疑問に「絶対に放送する」と答えるミルトン。彼らが掴み取った映像の数々が挿入された予告編では、時にはナチスの残党に命を狙われながらも、真実を世界に伝えるために命懸けで信念を貫くミルトンとドキュメンタリー監督のレオ・フルヴィッツ(アンソニー・ラパリア)の姿が映し出される。

 収容所の解放から70年を経て、この作品がつくられたことに「世の中はいつだって偏見がある。身の毛のよだつような事件が次から次へと起こるものだ。もし我々がそういう過去を忘れてしまえば、また、我々は同じ事を繰り返すかもしれない。忘れずにいること、記憶しておくことはとても重要だ。それが我々に物事が間違った方向に向かうときはどうなるのか、生き残ったもの、そして犠牲者の尊厳についてなど(この作品は)多くのことを教えてくれるんだ」とマーティンも感慨深い様子。スクリーンに刻み込まれる衝撃的な真実と、その真実を伝えるために尽力した男たちの知られざる実話に注目だ。(編集部・吉田唯)

映画『アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち』は4月23日よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国公開