「フラーハウス」の一場面 (C)Netflix. All Rights Reserved.

写真拡大

 アメリカで1987〜95年に放送された海外ドラマ「フルハウス」の続編「フラーハウス」の日本語吹き替え版の声優キャストが発表され、大塚芳忠、山寺宏一ら「フルハウス」の吹き替え声優が再結集することが分かった。

 「フルハウス」は、妻に先立たれたダニー・タナーが、義理の弟ジェシーと親友のジョーイとともに3人の娘の子育てに悪戦苦闘する姿を描いたホームコメディ。タナー一家のその後を描く続編「フラーハウス」は、長女のD.J.、次女のステファニー、D.J.の親友・キミーが大人の女性に成長して登場し、女3人の子育て奮闘記がつづられる。キャストは、ダニー役のボブ・サゲット、ジェシー役のジョン・ステイモス、ジョーイ役のデイブ・クーリエほか、キャンディス・キャメロン・ブレ、ジョディ・スウィーティン、アンドレア・バーバーら前作の俳優たちが勢ぞろいする。

 日本語吹き替え声優は、ダニー役の大塚、ジョーイ役の山寺、ジェシー役の堀内賢雄はもちろん、当時は幼かった子どもたちの声も同じキャストが続投。D.J.を坂本千夏、ステファニーを大谷育江、キミーを伊藤美紀が担当する。

 日本では93〜97年に放送された日本語吹き替え版を見ていたファンが多いため、今作の製作が決定した際には「年をとったからって声優が変わってしまうのは嫌だ」「大きくなった子どもたちの声優はどうなるんだろう」と不安の声が寄せられた。今回の起用は、この声を受けて実現したという。

 Netflixオリジナルドラマ「フラーハウス」は、Netflixで2月26日から全世界同時配信。