凶暴・凶悪な“最狂”チーム、スーサイド・スクワッド (C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE
ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

写真拡大

 DCコミックに登場する悪役たちが主人公のアクション大作「スーサイド・スクワッド」が9月10日に公開されることが決定し、登場人物たちを収めた劇中写真が初披露された。

 バットマンをはじめとするヒーローたちによって投獄されたビラン(悪役)たち。死刑や終身刑を言い渡された極悪人たちは、政府の秘密機関の目論みで、減刑と引き換えに自殺行為に等しい任務を強制される部隊“スーサイド・スクワッド”への入隊を余儀なくされる。強烈な個性がそろった映画史上“最狂”チームを描く本作だが、獄中で「苦汁をなめた」主人公たちということが、9月10日(く・じゅう)公開につながったという。

 このほど公開された劇中写真でセンターを陣取ったのは、日本人女優、福原かれん扮するカタナ。左にはキュートでセクシーな魅力いっぱいのハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)、右側ではブーメランで戦うキャプテン・ブーメラン(ジェイ・コートニー)がそれぞれ武器を握り締める。後列は右から、ウィル・スミス扮する銃の達人で凄腕の暗殺者デッドショット、ジョエル・キナマン扮する司令官を務める軍人のリック・フラッグ、アドウェール・アキノエ=アグバエ扮するウロコに覆われた怪力男キラークロックが鋭い目つきでにらんでいる。

 その他のメンバーも、バットマンの最大のライバルにして泣く子も黙るスーパービラン、ジョーカー(ジャレッド・レト)のほか、魔力を持つ美女や地獄の炎を操る男、ロープ使いという個性あふれる顔ぶれ。さらにダークヒーロー、バットマンの登場も明らかになっている。

 配給を手がけるワーナー・ブラザースでは、“DCフィルムズ”として、2020年までにDCコミック原作のアクション大作10作品の公開を予定しており、本作は、2大ヒーローが激突する「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」(3月25日公開)に続く第2弾。見る者の心をつかんで離さない悪役たちの怪しい色気と、ヒーローものの正義VS悪の方程式を覆す悪VS悪の物語に世界中から注目が集まっている。