『スーサイド・スクワッド』

写真拡大

バットマンやスーパーマンを生み出したDCコミックスが今年、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(3月25日公開)に続いて送り出す、「DCフィルムズ」第2弾、『スーサイド・スクワッド』の日本公開日が9月10日(土)に決定した。

【関連記事】原作はDCコミックスのヒーロー『Lucifer(ルシファー)』が開始前から波乱万丈!? 悪魔が主人公のダークファンタジー系犯罪ドラマ

バットマンをはじめとするヒーローたちによって投獄されたヴィラン(悪役)たち。死刑や終身刑となった彼らは、政府の秘密機関によって、減刑と引き換えに自殺に等しい任務を強制された部隊"スーサイド・スクワッド"への入隊を余儀なくされる。精緻な狙撃手、狂気の道化師、ブーメラン使い、女侍、魔力の持ち主、ウロコに覆われた怪力男、必殺縄師、地獄の炎を操る男など、強烈な個性が揃った映画史上最狂チームの誕生だ。

獄中で苦汁を舐めたヴィランたちが主人公ということで、"苦汁の日"、9月10日の公開につながった。その強烈過ぎる個性はファンのみならず、瞬く間に世界中から注目を集め、アメリカで公開された最新の予告編は最初の2日間で1500万回を超えるペースで再生されるなど、ヴィランたちの圧倒的な存在感から目が離せない。

監督は『フューリー』で大迫力の戦争アクションを演出したデヴィッド・エアー。キャストはウィル・スミス(『メン・イン・ブラック』)、ジャレッド・レトー(『ダラス・バイヤーズクラブ』)、マーゴット・ロビー(『フォーカス』)、ジョエル・キナマン(『THE KILLING』)、ジェイ・コートニー(『ダイ・ハード/ラスト・デイ』)、カーラ・デルヴィーニュ(『アンナ・カレーニナ』)といった豪華な顔ぶれ。

ワーナー・ブラザース映画では、世界で最も有名な2大ヒーローの共演となる『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』と本作を皮切りに、2020年までにDCコミックス原作のアクション大作10本の公開を予定している。作品の垣根を超えたヒーローとヴィランの共演は、映画ファン・原作ファンならずとも必見だ。

『スーサイド・スクワッド』は、9月10日(土)に全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・俳優になる前はミュージシャンだったウィル・スミス、来夏にワールドツアーを敢行予定!DCコミックスのヴィランズ(悪役たち)が世紀のドリームチーム結成!『スーサイド・スクワッド』2016年日本公開決定!ウィル・スミス主演最新作!『フォーカス』日本公開が2015年3月28日に決定!