デヴィッド・ボウイ&レディー・ガガ

写真拡大

第73回ゴールデン・グローブ賞で、『American Horror Story: Hotel(原題)』の演技で、ミニシリーズ/テレビムービー部門女優賞を受賞した歌姫レディー・ガガ。シンガーとしてだけでなく、女優としての実力も認められた彼女が、第58回グラミー賞授賞式でデヴィッド・ボウイの曲を演奏することが分かった。

【関連コラム】70s VS 80sなUKドラマ発見! キーワードはデビッド・ボウイ!?

米E!Onlineによると、ガガはトリビュートとして、実験的にアレンジしたボウイの曲をパフォーマンスするという。同賞のプロデューサーであるケン・エールリッヒは、「レディー・ガガが今年度のグラミー賞で演奏することは前から決まっていましたが、デヴィッド・ボウイが逝去したと知った瞬間、賞の方向性を変える必要があると思いました。すぐに我々はガガに連絡を取り、ボウイのトリビュートについて合意を得ました。彼女は、この役目に完璧だと思います」と経緯を語っている。

さらに、1983年に「Let's Dance」でボウイと仕事をしたナイル・ロジャースにも協力を求め、ナイルがガガのパフォーマンスの音楽監督を務めることも決定している。ガガの演奏は式典のオープニングを飾る訳ではないが、7分ほどの演奏時間の間に、ボウイの曲を3、4曲パフォーマンスすることになるそうだ。

かねてからボウイのファンであることを公言していたガガは、彼が亡くなる以前のインタビューで、次のように語っている。「デヴィッド・ボウイに夢中になった時、(ニューヨークの)ローワー・イースト・サイドに住んでいたわ。彼は、妖しい美しさを使って自分を表現し、人々の魂を癒していたと思うの」と、音楽だけでなく、ビジュアルにもインスパイアされたことを明かしている。

なお今回の授賞式で、ボウイは音楽業界に多大な貢献を残した人物に贈られる生涯功労賞を受賞することとなっている。

第58回グラミー賞授賞式は、WOWOWプライムにて2月16日(火)9:00より二ヵ国語版で生中継。また、同日22:00からWOWOWライブで字幕版が放送される。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・"自由の身"になったテイラー・スウィフト、やりたい事はやっぱり...!?大物ラッパーのアイス・キューブ、デヴィッド・ボウイを黒人と勘違い!『デヴィッド・ボウイ・イズ』、全国15都道府県へ拡大公開!