『バケモノの子』で音楽を担当した高木正勝氏

写真拡大

『時をかける少女』(06)、『サマーウォーズ』(09)、『おおかみこどもの雨と雪』(12)に続く細田守監督の最新作『バケモノの子』。2月24日(水)より発売される本作のBlu-ray&DVDのリリースを記念して、音楽を担当した高木正勝(音楽家/映像作家)と、「スタジオ地図」プロデューサー・齋藤優一郎のトークショーが、3月6日(日)にHMV&BOOKS TOKYOにて開催されることが決定した。

【写真を見る】細田守監督作品のプロデュースを手がけている「スタジオ地図」の齋藤優一郎氏

『バケモノの子』『おおかみこどもの雨と雪』の音楽を担当した高木と、長年にわたり細田監督作品のプロデュースを続ける齋藤が、細田監督の映画作りや人物像などを語るこのトークショー。貴重な話に加え、質問コーナーもあるかも?とのこと。また、イベント終了後には『バケモノの子』Blu-ray&DVD、『バケモノの子』オリジナル・サウンドトラック、『細田守監督トリロジーBlu-ray BOX 2006-2012』の販売を行い、購入者には先着特典として、この場でしか手に入らない非売品特典がプレゼントされる。

なお、ステージ観覧はフリーとなるが、ステージ前スペースの整理券をHMV&BOOKS TOKYO 6Fレジカウンターにて2月5日(金)から先着で配布。ぜひこの機会に、『バケモノの子』の世界と細田監督についてより深く知ってみてはいかが?【Movie Walker】