キャスリン・アーブ

写真拡大

人気犯罪ドラマ『LAW & ORDER クリミナル・インテント』で、10シーズンにわたってアレクサンドラ・エイムズ刑事を演じたキャスリン・アーブが、舞台『The Father』に出演することが明らかとなった。米BROADWAY.COMが報じている。

【関連特集】海外ドラマ史上に残る、犯罪サスペンスドラマの最高峰!『LAW&ORDER』

『The Father』は、80歳になった老人アンドレの老いを描く作品。彼はかつてはタップダンサーで今は成人した娘夫婦と同居しているのか、それとも自分は元エンジニアで娘は訪ねに来ただけなのかも分からなくなってしまう...。

キャスリンがこの娘を演じ、アンドレにはトニー賞に3度輝き、映画『ウォール・ストリート』や『フロスト×ニクソン』でインパクトある役柄を演じたベテラン俳優フランク・ランジェラが扮する。このほか、ブライアン・エイヴァーズ(『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』)やチャールズ・ボーランド(『ハウス・オブ・カード 野望の階段』)が名を連ねる。

1990年に『怒りの葡萄』でブロードウェイデビューを飾ったキャスリンは、『ひと月の夏』にも出演。1991年には『The Speed of Darkness』の演技でトニー賞演劇部門主演女優賞にノミネートされている。

キャスリンが出演する『The Father』は、サミュエル・J・フリードマン・シアターにて3月22日(火)よりプレビュー公演が始まり、4月14日(木)から本公演がスタート予定。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・主役コンビ復活! 『LAW&ORDER クリミナル・インテント』ファイナルシーズン、日本初放送!『LAW & ORDER: 性犯罪特捜班』『LAW & ORDER: クリミナル・インテント』新シリーズが日本初登場!3月の"FOXCRIME"注目の海外ドラマはコチラ!