マーベルの新ドラマ「Marvel's Most Wanted」に出演 写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

 米マーベルが手がけるテレビシリーズ「エージェント・オブ・シールド」のスピンオフドラマ「Marvel's Most Wanted(原題)」に、英俳優デルロイ・リンドーが出演することが決定した。

 米ABCで放送予定の本作は、人気作「エージェント・オブ・シールド」に登場する女性エージェント、モッキングバードことバーバラ・モース(エイドリアン・パリッキ)と傭兵のランス・ハンター(ニック・ブラッド)を主人公に描くもの。「サイダーハウス・ルール」やドラマ「BELIEVE ビリーブ」などで知られるリンドーが演じるドミニク・フォーチューンは、1975年に出版された「Marvel Preview #2」に初登場したキャラクター。コミックの中では、1930年代に生きる“ならず者”の冒険者で、射撃の名手として描かれており、富と刺激を求めて世界を駆けめぐるという設定だ。

 同局では、大ヒットアクション映画「アベンジャーズ」のスピンオフドラマ「エージェント・オブ・シールド」のほか、キャプテン・アメリカの恋人を主人公にした「エージェント・カーター」を放送している。「Marvel's Most Wanted」のパイロット版は、ジェフリー・ベル&ポール・ズビゼウスキーが企画・制作総指揮・脚本を務めるほか、ジェフ・ローブが制作総指揮として参加する。

 リンドーが出演する映画最新作「X-ミッション」は2月20日に公開される。「エージェント・オブ・シールド」シーズン2はデジタル配信されているほか、DVD/ブルーレイも発売中。「エージェント・カーター」シーズン1は先行デジタル配信中で、2月17日にDVD/ブルーレイが発売予定。