見えすぎないセクシーさが光るドレスと絶賛されているスキ・ウォーターハウス/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

普段は胸無しドレスで不評を買っているスキ・ウォーターハウスだが、今回のヌードドレスは絶賛を浴びている。

【写真を見る】気品を感じさせるロングトレーンが印象的な後ろ姿/写真:SPLASH/アフロ

ジェーン・オースティン著作の「高慢と偏見」のパロディ小説を映画化した『Pride And Prejudice And Zombie』に出演しているスキは、ロンドンのレスタースクエアで開催されたプレミアに出席。今回スキは、シアードレスに大きな花柄のプリント、そしてゴールドのラインがはいった、カットアウトのリーム・アクラのヌードドレスでレッドカーペットを歩いた。

腰のサイドや背中などが露出したカットアウトデザインのドレスは今年のトレンドで、先月行われた第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式ではジェニファー・ローレンスやブリー・ラーソンが好評を博したが、さすがはモデルのスキ。シアードレスといい、カットアウトといい、バッチリとトレンドを抑えながら、ノーブラでも乳首は花柄のプリントで隠れている上に、胸がないことで胸や贅肉が脇からはみ出すこともなく、ボディコンシャスなドレスは、少女のような体型のスキにはパーフェクトなデザインだ。

デイリー・メール紙に掲載されている写真を見てみると、角度によってはヌードカラーのショーツが見えるが、「肌の色にマッチしたショーツがイマジネーションをかきたてるドレスで、ロングトレーンが気品を感じさせる。見えすぎないセクシーさが光るドレス」と好評を博している。【NY在住/JUNKO】