20年で一つのサーガが完結!(画像はヴィン・ディーゼルInstagramのスクリーンショット)

写真拡大

 映画『ワイルド・スピード』シリーズの第9弾と第10弾の全米公開予定日がそれぞれ、2019年4月19日、2021年4月2日に決定したと The Hollywood Reporter などが報じた。

 同シリーズのプロデューサーで主演を務めるヴィン・ディーゼルが日本時間3日、自身のInstagramに「20年 10作品 1サーガ(年代記)」という文言と共に第8弾から第10弾の全米公開予定日と推測される日程が記載された画像を投稿した。同サイトによると、配給のユニバーサル・ピクチャーズがその後、それらの全米公開予定日は正しいものであると認めたとのことだ。

 2001年に第1弾が公開された『ワイルド・スピード』シリーズは、2017年4月14日に全米公開予定の第8弾から始まる3部作で締めくくられると公表されており、今回の発表で、約20年で一つのサーガ(年代記)が幕を閉じることが明らかになった。第8弾は、『ミニミニ大作戦』『ストレイト・アウタ・コンプトン』のF・ゲイリー・グレイ監督がメガホンを取る。(編集部・高橋典子)