環境保護に熱心に取り組むディカプリオ 写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

 レオナルド・ディカプリオがヤングアダルト小説「ザ・サンドキャッスル・エンパイア(原題)」を映画化することになったと、ハリウッド・レポーター誌が報じた。

 パラマウント・ピクチャーズが映画化権を獲得した、カイラ・オルソン著の未出版の小説を、ディカプリオの製作会社アッピアン・ウェイが企画開発することになる。

 同作は、温暖化と人口爆発が深刻化し、ウルフパックという過激派が政権を握った2049年を舞台に、エデンという若い女性が3人の女性たちと強制収容所を脱出するという物語。ディカプリオは地球環境問題をライフワークとしていることから、温暖化が進んだ世界を描く今作に惹かれた可能性がある。

 なお、同小説は現在のところ出版されるか未定だ。