上品な「キットカット日本酒」、まろやかなコクとキレのある後味。

写真拡大

ネスレ日本は2月1日から、「キットカット 日本酒」を発売する。価格は150円(税別)。

「キットカット 日本酒」は、日本酒の上品な味わいを、ホワイトチョコレートの優しい甘味で包み込んだ新商品。日本酒風味のチョコレートと、ウエハースの間に練りこんだ日本酒パウダーで、繊細な日本酒の味を再現した。チョコレートでありながら、日本酒のまろやかなコクと、キレのある後味が楽しめる。

今回のフレーバーは、訪日外国人観光客の定番土産「キットカット」の「抹茶」に続く、インバウンド向けアイテムとして登場するもの。パッケージにもこだわり、一目でそれとわかる「一升瓶」と日本の象徴「桜」をあしらい、一味違うユニークなお土産に仕上げた。

また、今回の発売を記念して、日本酒の魅力を知り尽くし、世界に向けてその素晴らしさを発信する中田英寿氏が開催するイベント「CRAFT SAKE WEEK@六本木ヒルズ屋台村」(2月5日〜14日)にて、コラボの実施が決定。

このイベントは、日本が世界に誇る“芸術”の域に達した日本酒“CRAFT SAKE”をできあがったばかりの状態で味わえる場を提供し、奥深い日本酒の楽しさを提案しようという、中田氏の発案で開始されるもの。ネスレは特設ブースにて「キットカット 日本酒」のサンプリングのほか、各種催しを実施する。