コンデジを不要にするホンモノのカメラ搭載スマホ「ZenFone Zoom」のスゴさとオススメモデル

写真拡大

台湾の大手スマホメーカーASUS(エイスース)から、今後のスマホを大きく変えるかもしれない光学3倍ズームを搭載したスマホ「ZenFone Zoom」が登場した。
発売は2月5日よりグレードごとに順次予定される。

●光学3倍ズーム搭載のデジカメスマホ
「ZenFone Zoom」は、格安SIMが利用できるSIMフリースマホだ。
しかし、それだけではない。
プリズムとレンズを利用して、カメラレンズを動かさずにデジカメと同じ光学3倍ズームをスマホに搭載しているのだ。

通常のスマホは、単焦点レンズなので、遠くのものを撮影する際にデジタルズームを使うことになる。デジタルズームは、大きく画像が劣化してしまう。
しかし「ZenFone Zoom」は、本物のデジカメと同じ光学式レンズで拡大(ズーム)して撮影できるので画像が劣化しないのだ。
・小鳥などの小動物や遠景の山や建物を撮る
・スポーツなどの離れたスタンドから選手を撮る
・遠くの人物やペットなどをアップで撮る
といったデジカメでしかできないような写真も、スマホでも撮れてしまうのだ。

本当に意味でデジカメに劣らないスマホ「ZenFone Zoom」は貴重なモデルなのだ。
さらに、「ZenFone Zoom」は光学ズームだけではない、
・光学手ブレ補正
・高速オートフォーカス(0.03秒)
・シャッターボタン搭載
・2LEDで自然な色合いのライト
・マニュアル撮影機能搭載

と、撮影機能までもデジカメと遜色ない。
カメラ好きであれば「うむむ」と、うなりそうなモデルに仕上がっているのだ。

●「Zenfone Zoom」は4モデルに分かれる
今回発表された「Zenfone Zoom」は、4モデルが用意されている。
・スタンダードカバーモデル 容量32GB 5万3784円(税込み、以下税込み)
・スタンダードカバーモデル 容量64GB 6万264円
・プレミアムレザーモデル 容量64GB 6万4584円
・プレミアムレザーモデル 容量128GB 7万4304円

違いは、ストレージ容量のほかに背面素材の違いなどがある。
特にプレミアムレザーモデルの128GBは、
・背面にも本革を使用
・高性能なCPUやグラフィックチップを使用
している特別版だ。

それ以外の、ディスプレイやカメラなどの性能は統一されている。

では、高性能な光学3倍ズームが搭載された本モデル、どれを買えばいいのだろうか。

●おすすめは32GBモデル一択だ
筆者がおすすめするのは、スタンダードカバーモデルの32GBモデルだ。
理由として、以下がある。
・写真は容量の拡張ができる外部メモリーカードが利用できる
・写真はGoogleフォトなどのクラウドに保存すればいい

ストレージ容量以外は64GBモデルと32GBモデルには差が無い。
つまり、カメラをメインに使うなら、外部ストレージで補完できる32GBモデルで十分に「Zenfone Zoom」を使い切れるだろう。

ちなみに、
動画や音楽をダウンロードして大量に持ち歩きたい場合は64GBモデル
高級感のあるプレミアムなスマホがいい場合はプレミアムレザーモデルの128GB
も良いだろう。
布施 繁樹