ゲスの極み乙女。・川谷絵音

写真拡大

19日放送のラジオ番組「ウーマンラッシュアワー 村本大輔のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で村本大輔が、「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音を痛烈に批判する一幕があった。

番組では冒頭から村本が、世間を騒がせている芸能ニュースの話題を取り上げ、ベッキーとの不倫が取り沙汰されている川谷について語った。

村本は「歌がすごい好き。いい歌」「ゲスの極みのボーカルのかた、歌すごい好きでね。iTunesで取ってましたよ。全部消しましたけど」と、不倫騒動後にダウンロードしていた楽曲をすべて削除したと明かした。

その理由について、村本は「今回、ちょっとショックやったから。分かります?この気持ち。自分の好きなミュージシャンのかたがそんなんなったら、ちょっと『あれ?』ってなりません?」と訴えた。

そして村本は「曲は良いですよ……でも、ブス…ですよねえ?」と川谷の外見をバッサリ。スタッフの大ウケする声が響く中、村本は「ブスの極み」と、さらにかぶせた。

村本は、ベッキーが内面や歌やセンスで選んだのだろうとフォローしつつも、川谷への口撃は続き「世間的に『え!? あの人が二股かい?あの人がベッキーさんかい!?』とか、思いません?」「今回は甲斐性なしだった」と、厳しく批判する言葉を並べ立てた。

一方で、川谷の状況を推測し、そうした状況でもしベッキーが寄ってきたとしたなら「世の男性の何パーセントが不倫しないか?」と疑問を呈し、不倫に至った川谷を擁護する場面もあった。

【関連記事】
村本大輔のトークが「すべらない話」でカットに 共演者も驚きのすべり方
村本大輔がTwitterでネットニュースを批判「SMAP関連で必死にアクセス稼ぎ」
ウーマンラッシュアワー・村本大輔が騒ぐ新成人を「チンパンジー」と揶揄