iPhoneよりメモが使いやすい? ローテクなのにハイテクな進歩した手書きデジタルメモたち

写真拡大 (全4枚)

スマホが普及して、メモもスマホでとるという人も随分と増えました。
しかし、まだメモをとるには、紙とペンが好き、使いやすいという人も多いですね。

紙とペンは、メモをとる道具として長く愛されてきました。
しかし、書いたメモがどこだかわからなくなったり、書き損なって何枚も紙をムダにしたり、筆記具をわすれてメモがとれなかったりと、意外にエコでなかったりします。

紙やペン使わず、エコにメモを書ける道具に「デジタルメモ」です。
スマホに似ていますが、メモ専用なので、スマホよりも素早く、簡単にメモを書くことができます。

また、最近の「デジタルメモ」は、単にメモが書けるだけでなく、スマホにメモをおくって活用することもできるので、仕事や家庭生活でも、思っている以上に役に立ちます。

紙のメモやシステム手帳などは、増えた用紙で厚くなりかさばりますが、デジタルメモならどんなにたくさんメモをとっても、分厚くはならないので持ち歩きや、置いて使うにも邪魔になったり、使い勝手が落ちたりといったこともありません。

このローテクっぽいハイテクな「デジタルメモ」は、1つ持っていると驚くほど便利ですよ。

書いた内容を保存、Bluetooth転送できるブギーボード
電子メモ帳の定番ともいえるのがブギーボードです。
本体の大きさも、大画面の10.5インチからコンパクトな4.5インチまで、幅広いサイズが揃っています。また、本体のカラーや形状、リラックマとのコラボモデルなど、バリエーション豊富なので紙のメモのように選べるのも嬉しいですね。

なかでも、Bluetoothを搭載している「Boogie Board SYNC9.7」は、便利なモデルです。

書いたメモはPDF形式で保存されます。Bluetooth接続することで、書いたメモの内容をリアルタイムで、スマホやタブレット、パソコンに表示できるので、会議やプレゼンなどで使用できます。
また、専用アプリを使うと、メールやSNS、クラウドサービスなどに送ることができ、スマホやパソコンなどで「Boogie Board SYNC9.7」のメモを利用することができます。

・9.7インチ、約323g
・iOS、Windows、Mac OS対応
・micro USBポート、Bluetooth搭載
販売価格:11,450円


ローテクなのにハイテクなデジタルメモ Boogie Board

システム手帳のような使い心地をあじわえる本格派「シャープ 電子ノートWG」
システム手帳に限りなく近いのが「シャープ 電子ノートWG」です。
最大100冊(3,000ページ)のノートを作成することができます。

メモは、多彩なフォームが用意されていますので、用途にあったシートフォームを選んでメモを書くことができます。
・方眼や横罫線、無地など9種類のメモフォーム
・週間や月間など5種類9パターンのスケジュールフォーム
まさに、システム手帳に負けないシートの多彩さですね。

またメモを書くペンやマーカーも、リアルです。
ペンとマーカーは、
・5パターンの線の太さ
・3パターンの濃淡
組み合わせると、15通りの太さや濃さで書くことができます。
さらに、大小40種類のスタンプも用意されているので、注意や重要なポイントも見やすくマークすることもできます。
・6インチ、260g(専用カバー装着時)
・ノート最大3,000ページ、最大合計1,000ページ
・パソコン連携可能な電子ノートユーティリティ搭載
販売価格:11,450円


まさにシステム手帳のデジタルメモ版 多彩なメモシートとペン機能のシャープ 電子ノートWG

手帳サイズが便利なカレンダーToDoリスト搭載で見やすい
「キングジム 卓上メモ マメモ」は、ワイシャツのポケットに収納することもできるコンパクトなデジタルメモです。大きさは、約117×74×16mmのコンパクトサイズ。

ディスプレイをペンでタッチするだけで素早く起動するので、メモを取りたいときに、サッとメモを書くことができます。
ペンは細字、中字、太字の3種類を使い分けられ、見やすいメモを書くことも簡単にできます。

また、書いたメモは、microSDカードにbmp形式の画像として保存ができます。メモリカード経由でパソコンなどに表示して確認することもできます。
さらに、メモに期日を設定することで、カレンダーでスケジュール管理もできます。

・3.42インチ、約125g
・microSDカード(最大容量2GB)/microSDHCカード(最大容量32GB)
・micro USBポート、Bluetooth搭載
販売価格:10,800円


ポケットに入るコンパクトタイプ

スマホやパソコンに頼りがちなメモですが、手書きメモがとれるデジタルメモで脳を活性化してみてはいかがでしょうか。
にゃんこ