厳選!新馬情報局(2016年版)
第32回:サトノケンシロウ

 2012年から、種牡馬リーディングのトップに君臨し続けているディープインパクト。さまざまな繁殖牝馬との間で、数多くの活躍馬を輩出しているが、なかでも「ディープインパクトとの相性が特にいい」とされる繁殖牝馬がいる。

 それは、アメリカで種牡馬として活躍したストームキャットを父に持つ繁殖牝馬だ。なにしろ、父ディープインパクト、母父ストームキャットという血統構成からは、優秀な競走馬が次々に誕生しているのだ。

 代表例を挙げれば、2013年のGI日本ダービー(東京・芝2400m)を制したキズナ、2013年のGI桜花賞(阪神・芝1600m)を勝ったアユサン、2014年のGIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)覇者ラキシスらがそうだ。

 昨年の3歳牡馬クラシック(皐月賞、ダービー、菊花賞)でも、同じ血統構成のリアルスティール(牡4歳)が奮闘。皐月賞2着、ダービー4着、菊花賞2着と、勝利こそ得られなかったものの、トップレベルの力があることを示してきた。

 こうして、同様の血統構成から活躍馬が多く生まれ、相性のよさが際立っている配合のことを「ニックス」と言い、当然そうした配合を持つ馬は、デビュー前から注目を集めることになる。

 そして今年も、この「ニックス」を持った若駒がデビューを控えている。サトノケンシロウ(牡3歳)である。

 サトノケンシロウは、先述したラキシスの全弟。また、同馬の全兄には昨年のマイル路線で話題を集め、GIマイルCS(京都・芝1600m)で4着と健闘したサトノアラジン(牡5歳)がいる。父ディープインパクトの「ニックス」であり、それら兄姉の活躍からも、同馬にかかる期待は大きい。

 サトノケンシロウを管理するのは、栗東トレセン(滋賀県)の池江泰寿調教師。同厩舎のスタッフからは、同じく管理馬である兄のサトノアラジンを引き合いに出しての期待の声が聞こえてくるという。関西競馬専門紙のトラックマンが語る。

「500kgを優に超える大型のサトノアラジンと違って、サトノケンシロウは450kg〜460kg台のサイズ。その分、走り方は兄より素軽く、ディープインパクトらしい切れ味を備えているようです。いずれにせよ、厩舎スタッフは『兄と同様、間違いなく高い能力を持っている』と、同馬を高く評価しています」

 デビューは2月までずれ込みそうで、同世代の中ではかなり遅めの始動となる。それでも、前出のトラックマンによれば、「体がしっかりするのを待っているため」と、アクシデントなどはない様子。しかも、今なお3歳クラシックを視野に入れているという。トラックマンが続ける。

「陣営としては、あくまでもクラシックが目標のようです。だからこそ、デビューが遅れても、万全の態勢を整えることを重視しているのでしょう。もうここまで来ると、余計な負けは許されませんからね。2月デビューとなると、クラシックに間に合うかどうかはギリギリの時期になりますが、スタッフの自信の高さを見ると、一気にクラシックの舞台までたどりついても不思議ではありません。大物感は十分ありますし、『器用で、コースも問わないと思う』というスタッフの強気な発言から、期待は膨らむばかりです」

 今年の3歳馬にも逸材がズラリとそろう池江厩舎だが、その中でもサトノケンシロウに対する評価はかなり高かったとのこと。それは、他の馬が実際のレースで結果を出している今になっても変わらないという。

 競馬界注目の「ニックス」を持つサトノケンシロウ。デビュー戦からクラシックまで華々しい活躍を見せて、改めてその配合の優秀さを証明するのか。その走りを、しっかりと見届けたい。

河合力●文 text by Kawai Chikara