【ワシントン=洞口昇幸】北朝鮮が核実験を実施した問題で、マクドノー米大統領首席補佐官は10日放送のCNNテレビの番組で、北朝鮮が6カ国協議(北朝鮮、韓国、米国、中国、ロシア、日本)共同声明を履行するよう圧力を加えると述べました。

 マクドノー氏は、「北朝鮮が核兵器放棄を約束した2005年(の共同声明)に戻ることを含め、既存の約束に沿って行動するまで圧力を加えなければならない」と強調。6カ国協議共同声明の履行が、「北朝鮮が国際社会に再び加わるための基本的な必要条件だ」と語りました。

 マクドノー氏は「北朝鮮を一層孤立させるため、韓国と日本だけでなく中国やロシアとも取り組む」と述べ、国際的に一致した行動を目指す考えを改めて示しました。