昨日、AppleががiOSからAndroidへデータを簡単に移行できるアプリを開発しているとご紹介しましたが、ニュースメディア『BuzzFeedNews』は、Appleがこの噂について真っ向から否定したことを伝えています。

独占禁止法絡みでトラブルとなることを避けるためとの報道も、やはりデマ?

AppleがAndroidからiOSへのスムーズな移行を図るお引越しアプリ「Move to iOS」をリリースしたことについて、EUのキャリアがiOSのエコシステムにユーザーを縛り続けるアップルの手法を問題視し、Androidへのプラットフォーム移行も出来るようにするよう、同社に要求したといった報道が昨日ありました。
 
これを受け、AppleがiOSからAndroidへのお引越しアプリをついに開発か、と思われましたが、AppleのスポークスマンであるTrudy Muller氏が『BuzzFeedNews』の取材に対し、この噂を否定したと伝えられています。
 
Trudy Muller氏は、AppleがAndroidからiOSへのスムーズな移行をユーザーに促すことのみに集中していて、それは非常に上手くいっていると伝えたとのことです。
 
独占禁止法絡みの問題で、Appleが仕方なくお引越しアプリを開発しているということですので、真実のように思われましたが、Appleから公式に否定されたということで、噂はデマだったようです。
 
 
Source:BuzzFeedNews
(クロス)