ラブシーンの話題になると大盛り上がり

写真拡大

 野村周平×古川雄輝共演で古屋兎丸氏のロングセラーコミックを実写化した「ライチ☆光クラブ」の公開記念特別番組の公開収録が1月11日、東京・Ameba FRESH! Studioで行われ、野村、古川をはじめ、間宮祥太朗、池田純矢、松田凌、戸塚純貴、柾木玲弥、藤原季節、岡山天音、内藤瑛亮監督が登場した。

 映画は、醜い大人になることを拒み、永遠に美しくあることを選んだ9人の少年たちが、廃工場の秘密基地で「光クラブ」を結成。煙と油にまみれた螢光町を舞台に、美少年たちの裏切りと愛憎の物語を描く。

 番組では、出演者が劇中カットを見ながら撮影時を振り返った。野村扮する「光クラブ」創設者のタミヤと対立し、醜い大人を排除するためにクラブを秘密組織にすることを目指すゼラ役の古川と、ゼラに執着する謎めいた美少年ジャイボ役の間宮が見つめ合う場面をとらえた劇中カットが披露されると、間宮は「初めてのラブシーンが古川君でした」と恥ずかしそうに告白。古川と間宮がはにかむなか、野村をはじめとするキャスト陣は「エロい!」と大盛り上がりだった。

 さらに収録後の会見でも、間宮は「初めてのラブシーンが古川君でよかった」と語り、「心のなかでゼラをどれだけ愛せるかが課題だった。そのために、本番以外では古川君と触れ合わないようにした。本番での密会を楽しみにしていた」と述懐。役作りの苦労を問われると、「原作を参考に役作りをした」という野村は、「僕の演じたタミヤは1番普通の役。周りが個性あふれるキャラクターばかりなのでうらやましかったが、そこを抑えて普通の人を演じることがタミヤにつながった」。一方の古川は、「悪役に挑戦したいという気持ちが以前からあったので、オーディションで役が決まった時は嬉しかった。現場に入ってからは想像以上に楽しかった」と笑顔で話した。

 同年代の俳優に囲まれ、終始リラックスした様子の野村だったが、会見終了間際には「この先の俳優界を担っていかなきゃいけない9人が集まりました。次の世代を見るような気持ちで見てほしい」と真しに語っていた。

 「ライチ☆光クラブ」は2016年2月13日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開。公開記念特別番組は、Ameba FRESH! Studio(https://amebafreshstudio.com/)で1月末に放送予定。