3部門を制した「レヴェナント 蘇えりし者」の
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督(中央) (C)HFPA

写真拡大

 ハリウッド外国人記者クラブ(HFPA)が主催する第73回ゴールデングローブ賞授賞式が1月10日(現地時間)に開催され、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督とレオナルド・ディカプリオがタッグを組んだ話題作「レヴェナント 蘇えりし者」が、最多3冠に輝いた。

 「レヴェナント 蘇えりし者」はアメリカ西部の荒野を舞台に、熊に襲われ瀕死の重傷を負ったハンターの壮絶なサバイバルを描いている。同作は、作品賞(ドラマ部門)をはじめ、イニャリトゥが監督賞、ディカプリオが主演男優賞(ドラマ部門)を受賞。音楽を手がけた坂本龍一が作曲賞にノミネートされていたが、受賞は逃した。

 続いて、リドリー・スコット監督、マット・デイモン主演のSF超大作「オデッセイ」と、ダニー・ボイル監督、マイケル・ファスベンダー主演の伝記ドラマ「スティーブ・ジョブズ」が、それぞれ2部門を受賞した。

 また、アクションスターのシルベスター・スタローンが、「ロッキー」シリーズのスピンオフ「クリード チャンプを継ぐ男」で助演男優賞を受賞。スタンディング・オベーションのなかステージに登壇したスタローンは、感極まった表情で「想像上の友人ロッキー・バルボアに感謝したい。俺のいちばんの親友だ」と語った。

 第73回ゴールデングローブ賞映画部門の結果は以下の通り。

▽作品賞(ドラマ)
「レヴェナント 蘇えりし者」

▽作品賞(コメディ/ミュージカル)
「オデッセイ」

▽監督賞
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(「レヴェナント 蘇えりし者」)

▽主演男優賞(ドラマ)
レオナルド・ディカプリオ(「レヴェナント 蘇えりし者」)

▽主演女優賞(ドラマ)
ブリー・ラーソン(「ルーム」)

▽主演男優賞(コメディ/ミュージカル)
マット・デイモン(「オデッセイ」)

▽主演女優賞(コメディ/ミュージカル)
ジェニファー・ローレンス(「ジョイ(原題)」)

▽助演男優賞
シルベスター・スタローン(「クリード チャンプを継ぐ男」)

▽助演女優賞
ケイト・ウィンスレット(「スティーブ・ジョブズ」)

▽脚本賞
アーロン・ソーキン(「スティーブ・ジョブズ」)

▽アニメーション映画賞
「インサイド・ヘッド」

▽外国語映画賞
「サウルの息子」(ハンガリー)

▽作曲賞
エンニオ・モリコーネ(「ヘイトフル・エイト」)

▽主題歌賞
“Writing's On The Wall” (「007 スペクター」)