映画『レヴェナント:蘇えりし者』より
 - (C) 2016 Twentieth Century Fox

写真拡大

 現地時間10日、第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式が米ロサンゼルスのビバリー・ヒルトン・ホテルで行われ、映画『レヴェナント:蘇えりし者』が作品賞(ドラマ)、男優賞(レオナルド・ディカプリオ)、監督賞(アレハンドロ・G・イニャリトゥ)の最多3部門で受賞した。同作の音楽を手掛けた坂本龍一も音楽賞にノミネートされていたが、こちらは惜しくも受賞を逃した。

 『レヴェナント:蘇えりし者』は、第87回アカデミー賞で最多4冠を獲得した『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のイニャリトゥ監督と、人気俳優のディカプリオがタッグを組んだ話題作。狩猟中に瀕死の重傷を負ったハンターが、自分を荒野に置き去りにした仲間に復讐するため壮絶なサバイバルを繰り広げるさまを描く作品で、ディカプリオが自身初のアカデミー賞をついに獲ることになるのかが注目されている。

 それに続くのが、マット・デイモンが火星に取り残されるも創意工夫で生き延びる宇宙飛行士にふんしたSF映画『オデッセイ』と、故スティーブ・ジョブズの半生を描く伝記ドラマ『スティーブ・ジョブズ』で、(それぞれ2部門での受賞。最多ノミネートを果たした『キャロル』(4部門5ノミネート)は、まさかの無冠に終わった。

 ゴールデン・グローブ賞はハリウッド外国人映画記者協会の投票により選定される映画賞。アカデミー賞に次ぐ権威のある賞として知られ、同賞の行方を占う前哨戦としても大きな注目を浴びている。(編集部・市川遥)

映画部門の受賞結果は以下の通り。

■作品賞(ドラマ)
『レヴェナント:蘇えりし者』

■作品賞(コメディー/ミュージカル)
『オデッセイ』

■男優賞(ドラマ)
レオナルド・ディカプリオ 『レヴェナント:蘇えりし者』

■男優賞(コメディー/ミュージカル)
マット・デイモン 『オデッセイ』

■女優賞(ドラマ)
ブリー・ラーソン 『ルーム』

■女優賞(コメディー/ミュージカル)
ジェニファー・ローレンス 『ジョイ(原題)』

■助演男優賞
シルヴェスター・スタローン 『クリード チャンプを継ぐ男』

■助演女優賞
ケイト・ウィンスレット 『スティーブ・ジョブズ』

■監督賞
アレハンドロ・G・イニャリトゥ 『レヴェナント:蘇えりし者』

■脚本賞
アーロン・ソーキン 『スティーブ・ジョブズ』

■音楽賞
エンリオ・モリコーネ 『ヘイトフル・エイト』

■歌曲賞
「Writing's On The Wall」 『007 スペクター』

■外国語映画賞
『サウルの息子』(ハンガリー)

■アニメーション作品賞
『インサイド・ヘッド』

(※日本語のリストを転載する際は編集部までご連絡ください)